[WP] WordPressのバックアップをSugarSyncへ

先日から WordPress のバックアップを Dropbox へ行っていたがDropboxをほかの用途でも使っていたので容量的に非常にカツカツな状態だった。

[ [WP] WordPressをDropboxへバックアップ | sideblue weblog ]

Dropboxの有料アップブレードも視野にいれないとだめかな・・・と思ってたのだけれど、バックアッププラグインの「BackWPup」の設定画面を眺めてたら、バックアップ先にSugarSyncがあるじゃない。

SugarSyncは結構前にアカウントとったはいいが、画像のバックアップの一時退避用くらいにしかつかってなかったので容量的には十分空きがある。
ここでいいじゃん!
ってことで SugarSync 内にバックアップ用のフォルダを作ってそこへバックアップファイルを作成するようにした。

Dropboxへの認証を切って、Dropboxにバックアップファイルを転送しないようにして設定更新。



[PR] SugarSync を新たに利用する場合はこの紹介リンクからアカウント作ると容量UPでよいと思いますw



追記:SugarSyncのAPIは転送速度が遅いためにバックアップファイルの容量が数百MBになるような場合はプラグインのタイムアウト時間(10分)に引っかかって転送できない場合があるようです。

[ BackWPup を SugarSync にできた! その設定方法 | thikasa note ]

上記サイトを参照にプラグインのファイル書き換えでタイムアウト時間を伸ばすことでバックアップファイルの転送が可能になるようです。

だがしかし、自分の別ブログの方はバックアップファイルが500MB以上あるのでそれでも成功せず。。。ジョブを小分けにするしかないかなー



追記の追記
Uploadsファイル群は年でフォルダ別けされてるので

こんな感じで年ごとにJobを分けてみた。
100MB前後であれば、タイムアウトエラーも出ずにさくっとバックアップファイルの転送ができた。

ちなみに去年までのフォルダは新たにファイルが追加されることはないので「Activate scheduling」のチェックを外して一度だけのバックアップ。
あとは来年になったら2012の設定をコピーしてバックアップ対象フォルダを2013にすればいいかな。と。

[comic] 乙嫁語り 1-4

Book☆Walker のキャンペーンで1~4巻が85円で購入できるので思わず購入。

[ 森薫 | 作品一覧 | 電子書籍-BOOK☆WALKER ]

強さとたくましさの中にも健気さがあって、アミルがとってもかわいらしいくて応援したくなる。


この作者は書き込みが丁寧で1コマ1コマが絵になってていいね。

読んでたらエマも再読したくなってきたのだけれど、残念ながら電子書籍化されてないんだよね…。

[novel] クドリャフカの順番 (booklog)

神山高校学園祭で起きる十文字事件の話。

アニメを先に見てるので内容自体は既知であったが面白い話は改めて読んでも面白かった。

古典部の面々のそれぞれの視点で文化祭が描かれているのでイベントの描写がより深くなってる感じ。

摩耶花の絶賛してる「夕べには骸に」と「ボディートーク」はどんな作品なのか読んでみたいなー。

そうえいば、アニメでは千反田が文化祭の出し物で書道したりコスプレ写真を撮ったりして思いのほか文化祭を満喫してるシーンがあったが、あれはアニメオリジナルだったのね。
あれはキャラらしさがでててよかったなー。

[novel] まおゆう魔王勇者 5あの丘の向こうに (booklog)

こちらも書籍版を未開封のまま電子書籍版を読了。

魔王と勇者の物語がついに完結。

あの丘の向こうというのは、勇者や魔王すべてを押し付けるでなく自立し、夢や希望、そして絶望も内包した”明日”でした。

3巻、4巻あたりで広がりに広がった風呂敷をどうたたむのかある意味不安でしたが、丁寧に丁寧にまとめ、優しいしめくくりは作者の愛情を感じます。

「やみのはごろも」「ひかりのたま」そしてラーミア(不死鳥)DQ3のオマージュの部分は個人的にすごく盛り上がった。
大主教vs女騎士のシーンではゾーマ戦BGMの脳内再生余裕でしたw

外伝もさっそく読みたいのだけれど、電子書籍版はまだなのよね。
早く配信されないかなー

[nevel] まおゆう魔王勇者 4この手でできること (booklog)

書籍版を購入してるのに、あらたに購入した電子書籍版で読了。

物語の展開は勇者や魔王の個人介入できるレベルを大きく超えてうねるようにすすんでいく。
その中で魔王のまいた種(各弟子)が芽吹いていく感じはわくわくする。
なかでもメイド姉の成長っぷりがもう主役級。

女魔法使いのセリフが伏線かなーとは思うのだけれど、難解でイマイチ読み解くことができず….。
最後まで読んだ後なら「ああ、そういうことなのねー」と納得できるのかもしれないが;;

いよいよ次で最後、勇者と魔王が見る丘の向こうの景色はどんななのか。。楽しみです。