アニメーションアニメ,本好きの下克上

AmazonPrime でアニメ版「本好きの下克上」の第3期の配信してた。

[ 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません PrimeVideo ]
以前にプライム配信をしてた時に1、2話くらいみていたのだけど、本作の最序盤はつまらなくてリタイアしてた;;
ベンノ(商人)と絡むあたりから物語の展開が進んできて面白くなり、六話あたりから一気に最新話の29話まで。

コミック版の第2部の進行度もアニメ版くらいなのよね。

続きが気になれば、手を出さざるを得ないのが原作。第3期まできてもまだ原作の2部、5巻あたりなのよね。
神殿・貴族と絡むようになってくると一気に人が増えて登場人物が増えてきて、初見時は人物名の字面を目で追っているだけだったが、原作も29巻まで読んでて、人物名に混乱しない程度に把握していると、あのキャラがあんな動きをしてたのね。と初見の時とは違った視点で読めて面白い。

で、あれよあれよ原作の10巻あたりまで読み進めてしまった。再読しても面白いなー。

音楽アニメ,音楽CD

定額音楽サービスは、GooglePlay MusicとかApple Music とかSpotifyとか多々あります。
そんなか「アニソン限定」といったちょっと毛色の違ったサービスが開始されたようです。


[ANiUTa ]

[アニソン聴き放題「ANiUTa」登場 大手レコード会社らが新会社 「ファン人口、減るのが一番怖い」 その狙いは – ITmedia NEWS ]

他サービスとの差別化を図るための方向性としてはいいとは思うけれど、いまいちパンチ力が足りない感じだよなー。
特にすでに音楽定額サービスを利用しているユーザーには。

そんななか、ヘルシング等の作者であるヒラコーさんのツイート

まさに!!

やはりアニソンは映像とセットで印象に残ってるし、時折無性に昔の作品のOPEDを見たくなる気持ちもすごくすごく、よく分かる!
Youtubeでたまにまとめた再生リストを探して眺めてたりするしなー。

ぜひともやってほしいなー。版権がらみですごく難しいけれど;;


(動画まとめてて、そうそうオーフェンのOPシャ乱Qがやってたんだなーと思い出した。)

雑記アニメ,ライトノベル

Unsplash / Pixabay

年末年始で特に特筆すべきことがないので、明日更新しよう、明日更新しようと思っている間に10日以上も経ってました。時の経つのは早いです。

Chromebook

先月衝動買いをした Chromebook のレビューでもすべきなんでしょうが、案の定買うだけ買って、あんまり使ってないんですよ。
だってノートブック端末としてはMacBook Airがあるんだもの。
安っぽいプラスチック端末より、高級感のあるアルミ端末使うよねー。
果たして Chromebook は無用の長物と化すのか、逆転一発ホームランがあるのか? 来週のゲキガンガーをみんなで見よう。

20年前のアニメ

ゲキガンガーといえば、機動戦艦ナデシコ。そのナデシコが放映されたのが20年前の1996年だとか。
他にも「エスカフローネ」とか「こどものおもちゃ」だとか「るろうに剣心」だとかetcetc…。
何度も見たくなる名作が多いよね。うわ、エスカフローネ見たくなってきた。DVD-BOXがあのへんを発掘すると出てくるはず。

最近のアニメ

昨年中頃からPS4の稼働率が上がって、ゲームばっかりしてるので相対的にアニメ視聴の時間は減り・・・原作を知っているものしか見なくなってきてる。
それでも撮り溜めが多くて、前期はワンパンパンと落第騎士は全話見たけど、終物語や35試験小隊は途中で止まってる。
昨年2015年は「俺物語」が安定して面白かったな。思わず原作コミックも買ってしまったし。
今期はとりあえず、コードギアスやプラネテスの谷口悟朗監督のアクティヴレイドは見た。見続けるかわからないけれど。

読んでるラノベ

アニメ原作になることも多いラノベ。
2015年は何読んでたっけなーと振り返り・・・12月分のまとめページつくってねぇや。
まぁ全体的に「小説家になろう」発の異世界系のものをあれやこれやと読んでた。似たような設定なものも多くてどれがどういう話だったか思い出せないことが多々ある。
最近はスローダウン。次々買うには電子書籍代もバカにならないので控えめな上に、寒くなってからはお布団に入るとすぐ眠くなっちゃうので。

そんなこんなで

おやすみなさい。

アニメーションアニメ,俺物語

2015-0509-oremonogatari
[ アニメ『俺物語!!』公式サイト ]

放映開始当初は「化物語シリーズと間違えて視聴するんじゃね?」とか言われたりもして半ば出オチ感もあったが、いざ始まってみてみると予想外に面白かった。

少女コミック原作でよくある学園ラブコメではあるのだが、主人公の猛男が豪快にして漢気あふれるキャラで、これまでの少女コミックのラブコメでは見られないキャラ付が面白い。
(*IME2010でも『おとこぎ』を『漢気』に変換してくれた)

コミックのほうも1巻だけ読んでみた。
思った以上にアニメ版は丁寧に製作しているようで現在5話まで放送してるが、まだコミック1巻の3/4程度。
区切りのよいところまでやるとは思うのだけれど、1クールで終わってしまうのかしら?

アニメーションアニメ,ダンまち

ダンまち応援バナー

原作ラノベは既読。外伝やコミカライズもされてて、それらもほぼ既読。

一話ということで、キャラクターや世界観の説明が重視した内容。

原作1巻からヘスティアの服のデザインはあのとおりだったが、まさか紐がただのデザインだけでなく、とある機能性を持っているとは予想だにしなかった。
おかげで揺れる揺れる。
Dead or Alive 並に揺れとるわ。
2015-0410-danmachi

オープニングやアイキャッチの感じからリリやクロッゾが出てることから結構最新巻近くまでの話をやるのかな。
1クールでやるには窮屈になりそうな気もするのだが・・・。ベル視点のみに絞ればそれほどでも無いのないのかも?

なにはともあれ、キャラクタがキモのタイトルのでキャラは活き活きと描いて欲しいね。

ヘスティアに関しては既に旋風が沸き起こってるみたいだけどw
[ みんなヘスティア様の紐大好きだな!? 創作界隈に「例の紐」旋風が巻き起こる – ねとらぼ ]