Apple / Mac / iOS

simplu27 / Pixabay

具体的に何かを作るとかは考えてないのだけれど、Macbook Air に Webアプリ関係の開発環境を作っておきたいなぁと考えはじめまして、まずはバージョン管理ソフトの「Git」の環境をGoogle先生でいろいろ調べながら作ってみます。

Homebrew のインストール

Macでのパッケージ管理の一つのようです。
公式サイトを見ながら、ターミナルからコマンドを入力します。

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Xcode Command Line Tools がインストールされていない場合はインストールを求められるので求められるがままインストールします。

インストールが終わったら、一応きちんとインストールされているか確認です。
ターミナルより

brew doctor

と入力し、

Your system is ready to brew.

と戻って来ればOK。

Git のインストール

ターミナルより

brew git install

で、インストール。
問題なく完了していれば

git --version

でバージョン表示されます。

SourceTree のインストール

慣れている方はターミナルからガシガシGitのコマンドを叩くのでしょうが、仕組み等々慣れないうちはGUIアプリの「SourceTree」を導入します。
公式サイトよりパッケージファイルをダウンロードして実行し、流されるがままインストールします。

SouceTreeにも内臓のGitが準備されています。
「SourceTree」>「環境設定」> 「Git」 と進んでいくと中頃に内臓Gitのバージョンが表示されます。
前述でインストールしたGitより古いバージョンであれば、「システムのGitを利用する」ボタンから先ほどインストールしたGitへのファイル選択画面になるので、そのまま選択。
表示されるGitのバージョンが先ほどインストールしたもとの同じになればOK。

BitBucketのアカウント作成

リモートリポジトリの登録先としてはGitHubが有名ではあるけれど、GitHubでは全てのリモートレポジトリはオープンになるということで、プライベートなリモートリポジトリも作れる BitBucket のアカウントを作成。
BitBucketのサイト へ行き、「Get Started for free」からサインアップ。

アカウント作成後は、SourceTreeでリモートレポジトリのプッシュ先をBitBucketを選択し、アカウント情報を登録すればOK。



とりあえずこれでひとまずはGitの環境はできた。Gitの使い方は下記サイトとか見ながらあれこれ試行錯誤してみる。

サルでもわかるGit入門 〜バージョン管理を使いこなそう〜 | どこでもプロジェクト管理バックログ

Apple / Mac / iOS

2015-1210-osx-elcapitan日本時間の12/9未明より El Capitan のアップデートが App Stoteを通じて配信されました。

[ Apple、「OS X El Capitan アップデート 10.11.2」をリリース。Wi-Fi、Handoff、AirDropなどの信頼性を向上させメールの不具合を修正。 ]

リリースノートをざっと見た感じ、機能追加ではなくこれまでの不具合修正がメインのようなアップデート。

アップデートの対象となっているアプリをほとんど使っていないので、どのように使い勝手が変わったのかわからないけれど、

Wi-Fiの信頼性が向上

で、なんとなくスリープ復帰時からWi-Fi回線が繋がるまで心持ち早くなったような気がしないでもない感じです。

Apple / Mac / iOS

Mac OS X 10.11 の 「El Capitan」が10月1日にリリースされました。

早速手持ちのMacBookAir(2015)をアップデート。
ss 2015-10-01 12.37.32

なにやらOffice2016での不具合が阿鼻叫喚の様相のようだけれど、自分はChrome拡張のオンライン版を利用しているのでクリティカルな不具合は今の所なし。

El Capitanになって色々変更箇所はありつつも個人的に一番影響が大きいのは日本語変換の部分。
「ライブ変換機能」がついてタイプしたそばからリアルタイムに変換していきます。
これがまた結構頭が良くてほとんど再変換のスペースを押さずにちゃんと変換してれます。
慣れればとても便利な機能ではあるとは思うのだけれど、長年スペースキーでの変換に慣れてしまっている身ではちょっと気持ち悪いw

一応オプションでライブ変換はオフにできるようです。

「システム環境設定>キーボード>入力ソースペイン」で「ライブ変換」のチェックボックスを「オフ」

せっかくなのでしばらく使って慣れてみようかとは思ってます。
ライブ変換だとタイポがすぐ見つかるのでw

また、Yosemite時代に設定した日本語IMの半角全角スペースの入れ替え設定ですが、アップデート時に元に戻ってしまいました。
前回同様に日本語IMの設定ファイルを直接編集すれば良いのですが、El Capitanからはシステムセキュリティの関係上 /System ディレクトリ等には sudo(スーパーユーザー) 権限でも編集できないようになっているSystem Integrity Protection機能があるのでそれをオフにしてから設定が筆なので一手間必要になっています。

Mac OS 10.11 El Capitanで日本語入力の既定のスペースを半角に設定する(最初にrootless設定を無効にする必要あり) – A Translator’s Rumblings

[Mac] 日本語IMのスペース設定 | sideblue weblog



その他の機能として iOS9から iPad で利用できるようになった SplitView と同じ機能が追加されましたが、もともと作業領域の狭い11インチのMBAではあんまり分割して作業ことはあまりない。
必要な際にいちいちフルウィンドウしてスプリットウィンドウの設定をするよりは、ちょろっとウィンドウサイズを調整して2つした方が手っ取り早いかな。。と。



あとは使っていくうちに何か出てくると思うな。

Apple / Mac / iOS, Game

2015-0924-psyvariar

基本的にスマホのゲームはプレイしないので、先日行われたTSGの情報もコンソール機関連しか追ってなくてまったく気が付かなかったのだけれど、個人的に5本の指に入るシューティングゲーム「PSYVARIAR」のiOS版がプレイアブル出展されてた模様。

[ [TGS 2015]「サイヴァリア・リアセンブル」のインプレッションを紹介。10年以上の歳月を経て「サイヴァリア」が蘇る – 4Gamer.net ]

オリジナルのスタッフが開発に参加してるらしく、サイヴァリアテイストは損なわれていないらしい。

2015年秋配信予定と、まだ正確には決まってないが・・・このタイトルは買っちゃいそうだ。



サクセス自体はスマホやブラウザゲーの製作メーカーになってしまっているので難しいかもしれないが、サイヴァリアはSteam等々で現行機種ネイティブで遊べるものが出てほしいよなー。

Apple / Mac / iOS

2015-0917-ios9-image_large
iOSのメジャーアップデート iOS9 が9/17深夜より配信が始まっている模様。

[ iOS 9 – 新機能 – Apple(日本) ]

[ 「iOS 9」配信開始――iPadや内蔵アプリの機能拡張、行動予測など – ITmedia Mobile ]
[ まもまく配信!――「iOS 9」で進化したポイントをおさらい (1/2) – ITmedia Mobile ]

公開されている機能のなかで気になるのは
・メモ帳の機能アップ
・2つのアプリを同時に開ける SplitView
くらいかな。

ゲーム関連で未対応のアプリがまだ多数あるようだけれど、スマホ・タブレットではゲームをしないので通常利用する分には特に不具合は無いかな?

[ Apple、iOS 9を公開、100件超の脆弱性に対処 – ITmedia エンタープライズ ]


メモ帳

新しくなったメモ帳を使おうとしたら…
ファイル 2015-09-17 9 53 21

新しいスタイルのメモを見たりするなら iCloud のアップグレードが必要で、なおかつ端末は iOS9 か Mac OSX El Capitan が必要だとか。
うーん。自分のMac Book Air は OSX Yosemite で、まだアップデートする予定はないの iCloudのアップグレードは保留かな。


Slide Over / Split View

右側の画面外からスッとフリックすると
2015-0917-iOS9-1
Slide Overで表示できるアプリの一覧が出てきて、選択したアプリが
2015-0917-iOS9-2
表示され、操作可能となります。
さらにアプリの区切りの部分をぐぐっと中央へドラッグすると
2015-0917-iOS9-3
二つのアプリがアクティブとなる Split Viewモードになります。

追加で起動したアプリの上側に表示されているグレーのバーを下にフリックするとアプリ選択の一覧になり、表示するアプリを再選択ができます。

Slide Over と Split Viewの使い分けとしては
・Slide Over : ちょっと一時的に別のアプリを使いたい時。
・Split View : ガッツリ2つのアプリを使ってマルチタスクする時。
といった感じ。

触った感じなかなかスムーズでしたので、iPadでの作業はより捗りそうな気がします。



追記:その他気が付いたこと
2015-0917-iOS9-4
フォルダに表示されるアプリの数が 3×3の9個から 4×4の16個 に拡張されてた。