Apple / Mac / iOSMac mini,macOS

M1チップ搭載のMac mini を購入してからおよそ2ヶ月。
毎日バリバリ使う。・・・なんてことは無くて、自宅で仕事をする際にちょいちょい使う程度。
もっと使いたい気持ちはあるのだが、環境構築がこなれてない感じが否めないのよね。

JapaneseIM の全角半角スペース問題

Yosemite 以降、儀式のように設定ファイルを編集して、デフォルトで半角スペースになるようにしてきたけれど Big sur になってから情報を探っても「検証します」の段階で出来たというものが見当たりません。
数ヶ月経っても成功情報が出てこないってことは、 Big sur では無理ってことで、 Google 日本語入力 を入れました。

Google File Stream の問題

M1 Macが出た当初から動かないアプリがあることは、覚悟はしていましたが、未だにGoogle File Stream が動かないのは個人的に致命的です。
お仕事で使うデータはほとんど Google Driveにぶっこんであり、GoogleDrive上のファイルを直接扱うのに Google File Stream は必須級なのですが 2021年2月現在、Rosetta2上でも動作しません。

一応、Google Drive系のアプリはGoogle Drive Streamを含め、いくつかあったものを Google Driveアプリに統合を進めていて、その流れで4月頃にはM1チップに対応するアナウンスはあったようなのですが…。

そんなこんなでM1 Mac mini上でお仕事用のデータを作った際は AppleのiCloud や Adobe の Creative Cloud Files を介して intel チップの Macbook Pro と同期させて、Macbook ProからGoogle Drive上のファイルを更新するという、なんとも非効率な状況なわけです。
正直 Mac miniを使わずに、Macbook Pro を外部モニタに繋いだり、クラムシェルで使ったほうが早いのでは。と思いますw

その他の使用アプリ

利用している主要なアプリは順次M1チップに対応していますし、Rosetta2上で動作しています。

Is Apple silicon ready?

上記サイトにも記載が無いようなマイナーなアプリでは CSVエディタの SmoothCSV があるのですが、こちらはRosetta2上で動作しているようで今の所問題なく動いています。

作業環境

M1 Mac mini を繋いでいるモニターが 24インチのフルHDのモニタなので、Photoshopで作業をしているときに、Macbook Pro上で作業しているときに比べてトーンカーブ等の微調整がやりにくいケースがあります。
一回り大きい4Kモニターがほしいところではありますが、置き場所とWinPCやゲーム機等の他の機器との兼ね合いの問題があります。思いの外入力機器の切り替え作業って手間に感じるのよね。

そんなこんなで、まだまだ試行錯誤中です。

Apple / Mac / iOSmacOS

Catalina にアップデート後、日本語IMの設定ファイルがSystem Read Only になってて書き換えができないー と嘆いてた件、解決策が出てました。

[ macOS Catalina (Mojave, High Sierra, Sierra)で日本語入力時に常にスペースを半角に – Qiita ]

コマンド(⌘)+ R を押しながら起動し、メンテナンスモードのユーティリティからターミナルを起動し、SIPをOFFにしたのち、リブート。

$ csrutil disable
$ reboot

リブート後、システムフォルダ以下を編集できるように マウントします。

$ sudo mount -uw /

編集する設定ファイルの場所へ移動し、エディタで設定ファイルを開きます。

$ cd /System/Library/Input\ Methods/JapaneseIM.app/Contents/PlugIns/JapaneseIM.appex/Contents/Resources/

$cd sudo nano KeySetting_Default.plist

編集箇所は・・・画像引用にて

<string>contextual_space</string> 等書かれている箇所を direct_inputに書き換えつつ、画像のように書き換え。

<string>direct_input</string>
<key>character</key>
<string> </string>

終了コマンド ( control + x ) から 上書き保存 ( Y ) と Enter で保存。

日本語IM を再起動し思う通り、日本語ON時に通常半角スペース、Shift押しながらで全角スペースになるか確認。

$ sudo killall -HUP JapaneseIM

動作が確認したら、再度 ⌘+R で再起動し、 SIPを有効にしておきます。

$ csrutil enable
$ reboot

以上で終了です。

毎回この儀式を行うのもアレなので、いつかシステム環境設定から設定が行えるよう願っております。

Apple / Mac / iOSMacBookPro,macOS

macOS バージョン 10.15 となりCatalina が 10月8日未明にリリース。

朝起きたら何か来てるな、とさくっとインストールしました。

macOS 10.15 Catalina

パッと見た目は iTunesが複数のアプリに分離してましたが、個人的に映像・音楽コンテンツは Appleのものを利用していないので、特に影響なし。

iPad へ画像転送 Sidecar

Catalina の目玉の一つとなる iPadへ画像を転送しサブディスプレイ化する機能の Sidecar。

個人的には Photoshop の画面をiPadに表示させ、液タブみたいな使い方をしてみたかったのだが…残念ながら、Sidecarが使えるのはアプリに依存しているようで、アプリ側で対応してなければ Sidecar が利用できません。
で、Photoshopは未対応ってことで、残念。

セキュリティはより強固に

Mojaveでもアクセシビリティの設定はアプリごとに許可が必要でしたが、通知に関しても各アプリの初回起動時に許可通知が来るようになりました。
そしてこのセキュリティ強化が後の不具合(?)に…

JapaneseIM の 全角半角スペース問題

Yosemiteの頃からの問題ですが標準のJapaneseIMのスペースは日本後ONの時は全角固定。半角スペースはShift+Spaceで入力 or 日本語OFF が必要です。
この全角半角スペースの挙動反転は要望が多いだろうけれど、一向に反転するオプション項目がありません。
(WindowsのIMEは最初から付いてるのにね)

なので、Mojaveまではシステムファイルを直接書き換えて、全角半角スペースの動きを逆にしていたのですが、Catalinaから編集する該当ファイルが System Read Only に設定され、システム保護をオフにしてもファイルの書き換えができません。

何かしら方法があるのかもしれませんが、今のところ、手の施しようがなく、えらい人等がなんとかしてくれるのを待っている状態です。
ホント、日本語入力時にデフォルトで全角スペースになるのはなんとかなってほしいよねー

その他の部分は今のところ気になる部分はないかな・・・。使っていくうちにあれこれ出てきそうではあるけれど。