[novel] 僕は友達が少ない (4) (booklog)

メディアファクトリー
発売日:2010-07-21

電子書籍版の再読。

新学期がスタートということで学校での隣人部の活動も再開。やってることはこれまでと特に変化はないが。

前巻では控えめだった隣人部員の残念ぷりが、今回では大爆発。特に理科と星奈の。….これは…ひくわ…。

マリアの姉ケイトが新規登場したが、中身おっさん&重度なシスコンという例にもれず残念なキャラでした。

・文庫版
[ 僕は友達が少ない 4 (MF文庫J)についてのけんのさんのレビュー – ブクログ ]

[novel] マリア様がみてる (2) 黄薔薇革命 (booklog)

電子書籍版の再読

前巻ではイマイチ影の薄かった黄薔薇ファミリーのお話。

見た目男ぽいが内面は乙女な令と、見た目乙女で中身男ぽいう由乃のギャップがよくて、そんなギャップがあるゆえに二人いっしょがいちばんしっくりくる。

「由乃さんごっこ」ってのは集団心理への皮肉だよなぁ・・と思ったり。

紅、黄と来たので次は白。

[novel] 僕は友達が少ない (3) (booklog)

メディアファクトリー
発売日:2010-02-28

電子書籍版の再読

隣人部夏休みの巻。
星奈の父親によろしく頼むと言われたり、髪と母のエピソードを話したり、別荘であんなこんながあったりで着実に星奈のフラグを立ててる小鷹。

このままいくのかと思いきやラストで夜空と小鷹の関係に新事実が。

といった感じで隣人部内での人間関係はぐるぐる動いてる感じであるけれど、コメディとしての話のオチがちょいと微妙な感じ。
どのキャラも残念なことは残念なんだが、マンネリ化しつつあるのが問題なのかなー

・文庫版
[ 僕は友達が少ない 3 (MF文庫J)についてのけんのさんのレビュー – ブクログ ]

[novel] マリア様がみてる (1) (booklog)

ミッションスクールのリリアン女学院を舞台とした生徒たちの麗しき友情を描いた作品。
女子校ということもさることながら、姉妹(スール)というシステム、薔薇様方をトップとした山百合会等々の独特の設定が物語を面白くする。

清楚で繊細で、どこかゆったりとした世界観の中で各キャラクターがしっかりと立っているのがとても読みやすい。

この巻は物語の主人公である祐巳がひょんなきっかけから憧れの存在の祥子と関わっていき学園祭を経て姉妹へ…物語はここから始まる。

電子書籍版の再読。久しぶりに読んだが、何度読んでも面白い作品だね。

[Live] FictionJunction Club LIVE Special Set List

梶浦由記さん率いる FictionJunction のFCイベントに ZEPP TOKYO まで行ってきた。

FJCのイベントというとこれまでトークイベントが多かったが、今回はライブがメインで、FictionJunction は 当然、FictionJunction YUUKA や Kalafina の楽曲も織り交ぜた何が出るか分からないびっくり箱的なライブでした。

トーク的なものも当然あり、今回は歌姫たち、FBM、そして梶浦さんの2013年への意気込み。
各メンバー個性があって面白かったね。YUUKAのときにまさかの事が発覚したりw

席は前方5列目の中央と絶好な場所でステージ上をまんべんなく見れて、歌姫たちの衣装もばっちり。
YUUKA以外は左右非対称な衣装でそれぞれのグループの色を合わせてた感じ。

・・・以前から気になってたのだが、YUUKAて足をガッツリ見せるタイプ?
過去のFJ関連のライブらアニソンライブでしか記憶にないのだが、その当時も足の前方がガッと開いた衣装だったよう・・な?
ま、足きれいなので全然まったく、むしろありがたいくらいなのですがw

で、後半に重大発表。
なんと、来る5月11日(土)!
東京国際フォーラム ホールA にて!
YUKI KAJIURA LIVE Vol.10 の開催決定!!!!

これはぜひとも5/11は開けておかねば。

2013年最初に参加したライブイベントでしたが、楽しく充実したライブでした!梶浦さんサイコー!!