[LIVE] Animax Musix 2012

横浜アリーナで行われたAnimaxMusix2012に参戦。

セトリとかは下記ブログにでてた
[ アニソン・ゲーソンまとめブログ : 「ANIMAX MUSIX 2012」感想まとめ カバー曲・コラボ曲満載の怒涛の6時間半! ]

May’n部長は新曲もあるしマクロス曲を入れてこないかなぁ・・とも思ってたのだけれどオベリスクとノーザンを入れてきた。
体力的にキツかったけれど楽しかった…..体力的にきつかったけれど。

ひとつ残念なとこは今回のイベントは音響関連がひどかった。。高音域の音割れがひどくて耳障りな部分も多々。帰宅して無音の部屋にいても耳の奥にキーーンという音がしばらく残ってた;;

参加アーティストについて特に調べもせず参加したのだけれど、意外な収穫がミッチーこと及川光博と春奈るな。
アニメとかかわってるミッチーって劇場版ウテナの鳳暁生役で出てたくらいしか記憶になかった(声優としては…うん、あまり語るまいw)。
正直アニソンとかかわるようなイメージはなかったのだけど、熱いパフォーマンスと面白すぎるMCで、ある意味今回の全アーティストの中で一番楽しめたのかもしれないw

で、春奈るな。歌った2曲はそれぞれFate/zeroとSAOのEDなので知っている曲だったのだけれど、生で聞いても声が伸びててCDとかの録音よりもライブとかのほうがうまいタイプなのかもと思った。
MCのほうはたどたどしいあか抜けてない感じではあるが、個人的にはそのままでいてほしいと思うw
あと、白金ディスコの浴衣姿。ゴスロリファッションでの姿しか見たことなかったのでとてもびっくりした。
河野マリナと一緒のコラボ曲だったが振付もカンペキだった。

なんだかんだで非常にたのしめた7時間でした。。

[ ANIMAX MUSIX 2012 ]

[Kindle] まおゆう魔王勇者 1-4

まおゆうのコミカライズ版。

Kindleでは4巻の配信はまだされてないのね。。Book☆Walkerはじめその他の電子書籍ストアでは4巻まで配信されてる。

最近また書籍版を読みかえしてるのでなんとなくコミカライズ版に手を出してみた。
原作(?)が極力情景描写を省いてるタイプなので、イマイチ画が想像できないところもマンガとなったことで分かりやすくなった感じ。
4巻までで、書籍版の1巻とちょっとってくらいなので・・・終演までそこそこの巻数になりそうね。

[nevel] 愚者のエンドロール (booklog)

クールビューティな入須先輩登場。
脚本が途中までのミステリーを題材としたビデオ映画の謎解き(?)に古典部が挑戦するお話。
ミステリーが題材なだけあって[氷菓]よりはその色が濃いめ。

よくも悪くもホータローが自分の能力を意識し始めたが、結局は女帝入須の思惑通り…のはずがその女帝を手玉にとる(おそらく)ホータローのねーちゃん。つえー。

アニメでもあったエピソードではあるが人物の心理描写は小説の方がわかりやすいね。

[novel] 氷菓 (booklog)

アニメを見てたので手を取った一冊。

「古典部」「謎解き」といったキーワードからミステリーちっくな印象はあるが、ミステリー色は薄い。
アニメのTVCMで流れてた「青春群像劇」というキャッチが合うね。

派手さはないけれど、「氷菓」の謎をじっくり解いていく感じはまったり読める作品。

ブクログにブログ紹介用のコードが出力されるようになってたので、今月からこっちにも転記。

[Kindle] Capeta 1-27

一応月マガで毎月読んではいるが、また最初から読んでみたいなぁ・・・と思ってた Capeta をKindleで購入してみた。

Android版のKindleアプリはアプリ内からKidleストアに直接アクセスできるので、購入から閲覧まで端末内で収まるのがいいね。

刊行ペースはやはり紙媒体より遅いみたいで、紙媒体のコミックスの方は30巻が今月発売だというのに、Kindle版は27巻まで。
27巻はフォーミュラ最終戦のとこなので、はよ続きをー