[スマホ] HTC J butterfly HTL21

2年超使っていた T004 からついにスマートホンに機種変更しました。

変更後の機種は
[ HTC J butterfly HTL21 – HTC スマートフォン ]
です。

[ HTC J butterfly HTL21 | スマートフォン | au ]

いろいろいじくりまわすのはこれからですが、
5インチでけぇぇ、うすーい、思ったよりかるーい。
ってのが最初の印象です。

強制的にauスマートパスへ入らされましが、どうなんでしょうね。これ。



追記

左から iPod touch、 PS VITA、 HTL21、 Nexus7の順に並べてみた。
並べてみるとVITA並ででけぇわ。

[novel] ソードアート・オンライン (11) (booklog)

アンダーワールドでのキリトの話がメイン。

ようやく大きな転機が訪れ、擬人化したカーディナルよりアンダーワールドの真相が語られる。

半分くらいまでは比較的ゆったりとした展開だったが後半は驚きの連続ですよ。淡々としながらも劇的に変わっていく展開は圧巻。

これでもまだアリシゼーション編の折り返し地点かどうか未定とは・・・壮大な話になってるなー。

[novel] 俺の妹がこんなに可愛いわけがない (11) (booklog)

京介争奪の最終決戦前夜という感じの11巻。

ここに来て新キャラが登場。
過去話をする際に必要だったというのもあるが一番重要なのは京介に
「今、好きな人がいる」
と言わせたこと。

各ヒロインから全方位的に好意を向けられてて、結局最後まで誰も選ばないで終了というのは多々あるが、話としては全くしまらない。
「そういった結末はない」ということを示す京介のセリフに最終巻が否応なしに楽しみになってくる。

この巻で意外な麻奈実の一面を垣間見たりしつつも、一番順当なのはやはり麻奈実かなぁ。逆に順当すぎる気も。
次いで黒猫、あやせ・・・大穴気味で加奈子がいるが最終巻の展開次第で・・ってところなのでホントどうころぶかわかなんないね。

[novel] ふたりの距離の概算 (booklog)

タイトルから千反田と奉太郎のふいに近づいちゃってあたふたする甘酸っぱい青春物語を想像してたのだけれど・・・全然違ってたw

今回はホータロー達が進級し新たに一年生が仮入部するも、やはり辞めるという。
読んでる方も最後の最後までその原因が分からなかった。

いつもにもましてホータローの考察力がすさまじい。
「○○のときは△△だったろう」と何気なく話してるが、そんなシーンあったっけ?とさかのぼって読んでみると確かにあったり。

めずらしくすっきり終わらない感じも青春ドラマ(?)ぽい一冊でした。

[novel] 遠まわりする雛 (booklog)

今回は短編集。

ミステリー感は薄味で古典部面々のキャラクターの内面が描かれていて、時間の経過によって対応が変わっていくのが垣間見れるのも面白い。

「ほろ苦い青春群像劇」だったはずが….なんかダダ甘ですな。