[コミック] BTOOOM (7) (booklog)

伊達の本性が暴かれる巻。

アニメ版でもそうだったがヒミコのおっぱいの弾力すげぇなw

吉良少年とのくだりはアニメ版ではカットされてたエピソードで、ぎりぎりでヒヤヒヤしたw

次巻からは伊達へ坂本の反撃が始まる。

[コミック] CLAYMORE 1-22 (Kindle)

Kindleでガッっと一気読みをしてしまった CLAYMORE。

ジャンルとしてはダークファンタジー。
雰囲気もさることながら、一番のポイントは次から次へと展開される遊びのない怒涛のストーリー。

絵に動きが足りないとかキャラの書分けが微妙な部分が…とか欠点部分はあるけれど、それを補いあまるほどのストーリーにぐいぐい引き込まれて読むことの止め時に困りますw
それは単行本の構成もあるんだけれどね。。。ちょうどいい時に次の巻へ..となるw

[コミック] capeta (28) (booklog)

全日本F3の終結とマカオGPの新章開始の一冊。

フォーミュラのスポンサー関連には以前からスポットを当てていたが、この巻でカペタがスポンサードしてくれた人たちに現時点での答えを語る。
「金額に見合った宣伝効果があると思えない」
「あなた方がスポンサードした選手が勝った」
「つまりはあなた方の人生が勝った」

やばいね。これは惚れるね。

源も出場するマカオGP。どんな熱い戦いになるか楽しみです。

[novel] スレイヤーズ (2) (booklog)

2巻も続けざまに読了。

失踪中の「白のハルシフォム」の後釜に「紫のタリム」と「青のデイミア」との権力争いにまきこまれるリナとガウリイのお話。

話のグレードとしては1巻よりだいぶ落ちてるのが残念といえば残念。
ただ魔術師の色の命名とか、魔族がどれだけ恐れられてるか・・とかスレイヤーズの世界のバックボーンが多少なりとも理解できるんじゃないかなーと。
・・・でもやっぱり物足りない。

[novel] スレイヤーズ (1) (booklog)

新装版になる前・・・もう十数年前になるが、既読ではあるけれど電子書籍版を再読。

表現が多少古臭いな・・と感じる部分がありつつもキャラクターやストーリーの面白さは色あせる事なく今でも楽しめた。