映像コンテンツ,社会/歴史Develop,Youtube,政治・行政

毎週恒例となっている、魚屋生田さんチャンネルの火曜日の平さんコーナー。
10月6日放送回はゲストに高橋洋一さん。

先週の中川コージさんがゲストの時の話も面白かったが、今回も非常に楽しめた回でした。

少し前の文化人放送局で生田さんが「うちの平が、うちの平が・・・」と推してたときは、平さんってそんなに良いのかな・・と半信半疑ではあったけれど、ここ1か月くらいの生田さんの番組に登場する平さんの話を聞いていて、

「ああ、この人は推せるな」

と思える方でした。
これから大忙しになるようですが、がんばって欲しいところです。

で、ゲストの高橋さんは話の分かる方が一緒のおかげで、話が弾む弾む。
いろいろ聞けて非常に面白い回でした。

プログラム言語の話の時に最後にポロリとDelphiとかw
久々にDelphiの名前を聞いて、なんかうれしくなっちゃったなー。

そういえばDelphiの開発元のボーランドは無くなって、権利はどこかに移ったような記事を昔みたような気がするが、今はどうなっているのかな・・と思ったら
Delphi: 概要 – エンバカデロ・テクノロジーズ
今も元気にバージョンアップしてました。マルチプラットフォームで利用可能になって、モバイルアプリまで作れるようになってました。
今度試してみようかな・・・。

映像コンテンツ,社会/歴史Youtube,海外時事

及川幸久さんのYoutubeチャンネルはYoutubeで数か月前にオススメで出てきてからよくチェックするチャンネルです。

海外のニュースについて過度な演出もなく、聞きやすい話し方で、情報を補佐しているスライダーをつかって、ほぼ毎日のように更新しています。

毎回考えさせられる内容ですが、今回は世界的に大きな転換点になりそうな内容でドキドキしますね。

チャイナマネーを取るのか、自由民主主義を取るのか。日本も追随してほしいなと思うところです。

映像コンテンツ,社会/歴史Youtube,歴史

反日国の話はよく聞くけど、親日国の話はあまり聞かないよね・・・。

新日国の一つであるパラオで日本が行ったことをわかりやすくまとまっている動画。

本来は教科書でちゃんと取り扱って欲しい題材よね。

社会/歴史Youtube

総裁選時期の3週に渡ってに行われた、生田さんの公式チャンネルでの平将明議員登場した回

平さんの話はわかりやすくて、面白い。

ホント、デジタル化・・・のさらにもう一歩先のAIの取り組みも含めて、新たな菅内閣には期待したいところです。

WebサービスGoogle関係,Youtube

Google Play Music (以後GP Music) から YouTube Music (以後 YT Music) へライブラリを移行したわけですが、GP Music を利用中には気づかなかった、気にしなかったタグデータの漏れが気になってきました。

タグデータの編集

YT Music には GP Music にあったアルバム情報、曲情報を編集する機能はありません。 (2020年8月現在)

いまだにGoogle Play で購入した楽曲は GP Music のほうへ登録されるので、購入した楽曲が直接 YT Musicへ登録されるようになるくらいには機能追加されるのかな・・・とは思っています。

ということで、現状は 【GP Music でタグデータを編集して再度ライブラリ移行を行う】が、YT Musicでのタグデータ修正方法となります。

もう一つ、ローカルにあるMP3データのタグデータを修正して、YT Music に再アップロードする方法もあるのですが、その方法ですと GP Musicに登録されているタグデータと大きくことなると、ライブラリ移行を行なった際にGP Musicのデータが再登録され楽曲データがダブって登録されてしまいます。
完全に移行が完了するまでに、何度かライブラリ移行を行うことになると思いますので、データを修正する際は GP Music 側の修正を行うほうが現状ではベターかと思います。

ライブラリ移行のデータ更新閾値

YT Musicのライブラリ移行のヘルプには

Google Play Music が利用できなくなるまで、何度でも移行できます。移行を複数回行う場合、前回の移行後に追加された音楽だけが次の移行で YouTube Music に移動されます。以前に移行された音楽には影響がなく、YouTube Music ライブラリにそのまま残ります。移行が完了するたびに確認メールが送信されます。

You Tube Music ヘルプ

とあります。「前回の移行後に追加された音楽だけが移行」・・・つまり、GP Music にはあって、YT Music にはない楽曲データです。
で、タグデータを修正した楽曲データは移行済みのデータと別ものと認識してくれるのでしょうか…。

何度か試したところ、一部のタグデータが修正されると別楽曲データと認識され、再登録されます。
・タイトル
・アーティスト名
・アルバム名
が変更されると別データとみなされます(他にも対象となるタグがあるかもしれませんが)

逆に下記タグデータは修正を行なっても、別データとみなされず、転送が行われませんでした。
・アルバムアーティスト
・アルバムアート(ジャケット画像)
・ジャンル
・年

このあたりの同一楽曲データかのチェックはライブラリ移行だけでなく、ローカルデータのアップロードも対象のようです。
アルバムアートだけで変更したMP3データを YT Music へアップロードしても、一応「ライブラリに登録しました」とメッセージは出ますが、ライブラリ内の楽曲データに変更はなかったです…。

再ライブラリ移行前に YT Music で行う事

総じてみるに現状の YT Musicでは楽曲データの上書きができない 仕様なんじゃないかな・・と思います。
なので、再ライブラリ移行や、アップロードによって楽曲データを編集する場合は、事前に
YT Music のライブラリ内の 対象楽曲のデータ削除
が必要となります。

データを削除することで、TY Music にはその楽曲データがない状況になりますので、移行やアップロードによる登録されるデータの対象になるわけです。

と、いうことで、まだまだYT Music は不完全だな・・と思う次第であります。