[IT] 中国がばらまく猛毒

Security

中国の検索エンジン最大手であり、IMEソフトのSimejiも提供しているバイドゥが出している Android開発ツール「Moplus」にバックドアがあったという話し。

[ 中国バイドゥがAndroidにバラまいた猛毒 | インターネット | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト ]

バイドゥについては Simeji でもユーザーの入力情報を無断で送信していた過去もあり。
[ バイドゥ、「Baidu IME」「Simeji」でユーザーの入力内容を無断送信 ネットエージェントが解析 – ITmedia ニュース ]

他の中国企業レノボのPCにアドウェアが入っていたり、
[ Lenovo製PCに入っている極悪アドウェア「Superfish」はどれだけヤバイのか? – GIGAZINE ]

先日も話題になりましたがiOSの開発ツールXcode を改ざんしマルウェアが入っている XcodeGhost も発端は中国です。
[ 中国で流行るiOSの深刻なマルウェア"Xcode Ghost"に要注意!現状と対策 | 小龍茶館 ]

IT界隈に限らず、プラスチック製の米があったりと単純に品質が劣悪ではなく害をもたらすものが出回るのはホントなんとかしてほしいな…。

[Mouse] Logicool ゲーミングマウス G600

マウスはずっとロジクール製を使い続けていて、2012年からサイドに12個ボタンのあるゲーミングマウスの G600 を使い続けてます。

2015-1106-g600-gaming-mouse-images
[ G600 MMO Gaming Mouse – Logicool ]

3年も使い続けているとやはりガタが来るようで、ついに左ボタンが怪しくなり、押し続けてもオフになることがたびたびあり、ドラッグが困難になることがあり我慢できずに買い替えを決意。

発売からそれなりに年月が経っているようだが、明確な後継機は無いみたいで G600r に置き換わっているみたい。

ネットで調べても箱と取説くらいが異なるだけで中身は同じものらしい。

2015-1106-g600
並べて比べてみた。
使い古した無印のほうはロゴが消えて手垢もついて汚いw

なんとなく G600r の方が全長が短く見えるのは・・・・気のせいかな?

[PS4] アーケードアーカイブス『沙羅曼蛇』『ツインビー』配信決定

アーケードアーカイブス

11/4配信のプレキャスにてアーケードアーカイブスで沙羅曼蛇とツインビーの配信の発表。

[ 【朗報】PS4アーケードアーカイブスに『沙羅曼蛇(サラマンダ)』『ツインビー』が配信決定!「ライフフォース」も収録!! : ゲームかなー ]

ps4-salamander

具体的な配信日は分からないが、次の配信が沙羅曼蛇、その次がツインビーとなるみたい。

沙羅曼蛇はそれぞれのパワーアップアイテムを直接取ってパワーアップしていくが、グラディウスタイプのカプセルを取っていってパワーアップ項目をセレクトできるバージョンの「ライフフォース」という別バージョンがあるが、ライフフォースも含まれるようでありがたい。
またライフフォースも海外版と日本版とがあるが、どちらも収録という太っ腹ぶり。

さらにハイスコアモードやキャラバンモードも。ということだが、沙羅曼蛇でキャラバンモード(5分間モード)てなんぞ?
通常ステージじゃそんなに差が出そうにもないから、特別なステージとか容易するんだろうか?
そのへんの詳細は配信番組を見て確認しようかな。
情報元のゲームかなーさんにも記載されていないので、キャラバンモードの細かいところは言及してない可能性もあるけれど。

[ アーケードアーカイブス | 株式会社ハムスター ]

[music] Google Play Music にしとく

2015年9月より日本でもGoogleの音楽サブスクリプション(聞き放題)サービスの「Google Play Music」が開始されました。
Google Japan Blog: Google Play Music を日本で提供開始します

特定のシチュエーションに合わせたラジオ(プレイリスト)は面白いチョイスが多いです。
2015-1028-gpm1

2015-1028-gpm2

音楽のサブスクリプションサービスはAppleの Apple Music を始め、AWA や LINE MUSIC 等いくつかあります。

比較記事は多々あるので適当に探せばいろいろ出てきます。
Google Play Music vs. Apple Music どちらを選ぶべきか | ライフハッカー[日本版]
【比較】「AWA」「Apple Music」「LINE MUSIC」を比べてみたーー各社の音楽ストリーミングサービスはどう違うの? | gori.me(ゴリミー)

自分の音楽への利用状況を確認してみると

音楽データ購入がほとんど無い

基本アーティストありきで楽曲を購入するのでアルバムCDの購入がほとんど。何曲かiTune Store専売だった楽曲がある程度で、どこかのダウンロードサイトに依存してることは無い。

作業時のBGMとして垂れ流しで聞くことが多い。

特定の楽曲をしっかり聞くよりは、手持ちの音楽データをシャッフル再生したり、適当なラジオサイトとかBGM用の動画を垂れ流ししたりする「ながら聞き」が多い。

一番大きな比較対象だったのが Apple Music でしたが、
・iTune を特に利用していないのでAppleのサービスを優先する理由がない。
・手持ちの音楽データをクラウド保存する iTunes Match は年間4千円近く別費用がかかる。
・シチュエーションに合わせたプレイリストはGoole Play Musicのほうが充実している。
・Google Play Music はローンチキャンペーン期間内に登録したので月額費用が780円で利用できる。
・のちに日本でも開始されるであろう、Youtube Redを無料で利用できる。

な、感じで Google Play Music の利用に決めました。
ローンチキャンペーン終了間際に利用登録したのでまだ無料利用期間中ですが、このまま継続利用していこうと思います。

前述のような音楽利用なので、当然「サブスクリプションサービスを利用しない」という選択肢もありました。

数日前までGoogle Play Music も自動継続を切って無料サービスの範囲で大丈夫かなと思ってたのですが、先日発表されたYoutubeの広告なし等のサービス「Youtube Red」の詳細のなかで相互的にGoogle Play Musicが利用できるということで、今のまま継続したほうが良い要因も大きいです。

「YouTube Red」正式発表──広告無し、オフライン再生可能、特別番組ありで月額10ドル – ITmedia ニュース