読書

ラノベとかマンガとか、あれやこれや

[novel] ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (1) (booklog)

ダンジョン系のファンタジーRPGもの。

「気になる女の子に振り向いてもらうためにがんばる」というとてもわかりやすい主人公。
その一途な思いが泡沫冒険者から覚醒するキーになるわけだけれど。

よくあるファンタジーものと異なるのが「神様」の存在。
北欧神話に関わらず「神様」ならなんでもありな感じだが、その神様の存在と人間とのかかわりがとてもゲームぽい感じになる。
逆にゲームぽいから、世界観が結構すんなり消化できてる自分がいたり。

続きも気になるところです。

[novel] 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (6) (booklog)

ソフトバンク クリエイティブ株式会社
発売日:2013-03-14

今回は意外にヒメな回。

エイタと真涼がフェイクであることを知ってしまったヒメが暴走しつつも、自演乙という場所を守るべく自らが導き出した結果だったり。
ヒメの成長が著しく見られるね。

最後はフェイクカップルのある意味鍵だった黒歴史ノートがエイタの元へ戻り、フェイク解消のメールが・・・。
崩壊への序曲といった感じでクライマックッス感が出てるねー

[novel] やはり俺の青春ラブコメはまちがっている (6) (booklog)

文化祭の準備を舞台とした雪ノ下姉妹が一応のメインの話。
それにヒールな八幡が加わるのだけれど、今まで以上にヒールっぷりな八幡がある意味かっこよくて、もう、ね。

少し心を開いた雪乃に、何かを決心した結衣。次巻になにかひと波乱起きそう。

[Kindle] Capeta (29)~(30) (booklog)

マカオGPのプラクティスと予選の開始。

カペタとナオミの直接対決の場ということもあって緊張感たっぷりのクライマックス感があるね。

主役級のドライバーはもとより、まわりの大人たちも暑苦しくて臨場感があるのがこの作品の魅力の一つよね。

マカオGP予選

もともとなりふり構わない傾向のナオミであったが、少しダーティサイドに…

作中では「源がカペタの土俵に降りてきた」とされているが、ずっとカペタを見てきた読者側からしてみれば、カペタが源の領域まで登ってきたって感じ。

そしてマカオ編では影の薄い金田くん・・・いい人やね;;