[novel] 問題児たちが異世界から来るそうですよ? (6) (booklog)

電子書籍版を読了。

収穫祭の再開というとこで基本的にお祭りモード。
白夜叉様すてきw

ギフトゲームを経て飛鳥や耀の成長もみてとれ、十六夜もついに全力でぶつかれる相手が出てきたりといろいろアツかった。

コミュニティに新たな仲間が増えてこれからノーネームもどんどん賑やかになっていくんだろうねー

[novel] 問題児たちが異世界から来るそうですよ? (5) (booklog)

電子書籍版を読了。

収穫祭の再開というとこで基本的にお祭りモード。
白夜叉様すてきw

ギフトゲームを経て飛鳥や耀の成長もみてとれ、十六夜もついに全力でぶつかれる相手が出てきたりといろいろアツかった。

コミュニティに新たな仲間が増えてこれからノーネームもどんどん賑やかになっていくんだろうねー

[nove] やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (1)~(5) (booklog)

イラストなしの廉価版を読了。

主人公がぼっちキャラとして類を見ない感じでひねくれてて、彼の言う言葉がどこかあるある巻があって面白く読めた。

この手のラブコメには定石のようにヒロインキャラからのアプローチがちらほら見え隠れしてたり。
これをどう収拾つけるのかねー


イラストなしの廉価版を読了。

戸塚くんがヒロインでいいんじゃない?・・・・男だけれどw
はがないの雪村の例があるから本当は女性かもしれない….可能性うすいけれど。

奉仕部に途中参加した由比ヶ浜がぼっち組二人とのいい対比となって話の良いアクセントになってる。

由比ヶ浜のアプローチも独自のひねくれたぼっち思考で回避するさまはびっくり。

雪乃下のキャラがまだつかみきれてないので、そろそろ雪乃下にスポットを当てた話があってもいいかなー


イラストなしの廉価版の読了。

大分リア充ぽくなってはきたが、主人公の八幡のぼっち思考が独特で、よくわかってしまう自分がちょっと恨めしいw

千葉ネタもさることながら、各所に連想ゲーム的にオタネタが出てくるのだが、今回の一番のツボは
CIA → AIC → 天地無用OVA
だった。
だよねー。天地無用はOVAの魎皇鬼編が面白かったよねー


これまた廉価版の読了。

夏休み&合宿編。
まさかの葉山達リア充グループと奉仕部の合同合宿。
基本オバカなノリは変わらないのだけれど、意外と濃い人間ドラマが展開されて面白かった。
雪乃の過去を知る葉山も主要人物入りして物語を動かすキーパーソンになりそうな感じ。

今回は「Friend/Zero」で吹いた。
この作者のチョイスするオタネタがツボすぎて困る。


イラストなしの廉価版を読了。

夏休みの後半。
いつものぼっち思考の八幡ではあるが、妹の宿題をやったり、ラーメン食べたり、花火大会に行ったりとなかなか充実した夏休みを過ごした様子。

ストーリー的な進展はないが、各キャラを掘り下げるような内容で、いろんなことが進みそうで進まないちょっともどかしい今巻。

雪乃も結衣も踏み出してきそうな雰囲気なので次の巻に期待。

[nove] ねくろま (1) (booklog)

メディアファクトリー
発売日:2007-05-31

だいぶ前に購入はしてたのだが、ようやく読了。

ファンタジー系どたばたラブコメ。
ヒロインが作中常に全裸ってのは・・・まあ、うん。間違ってはいないのだけれど、方向性がかなり斜め下。

確かにインパクトはあったが、出オチだけでこの後の展開が面白くなりそうな要素が見当たらなかったので、たぶん続きは読まない。