IT関係全般

Webサービス

wpXクラウドを利用して別のゲーム系ブログも書いているのですが、ふと「契約更新の時期はいつだったかな」と久方ぶりに管理ページにアクセスしたら、

なんと、昨年9月に新たなWordpress用クラウドサーバーのサービスが始まり、wpX クラウドの新規受付は10月に終了してたのこと。
既存ユーザーはそのまま利用可とはいえ、いずれは移転しなくちゃなーと思い、移転手続きを開始しました。

移転手続自体は簡単で、管理ページの移転用ページより wpX Speed のプランとサーバーIDを新たに設定するだけです。
旧サービスの方は解約扱いとなり、更新時期までは利用可能のようです。また旧サービスの残り契約期間によって、新サービスの割引チケットが貰えます。

WordPress の移転

で、いよいよWordpressのデータの移転です。
マニュアルもあり、移転ツールも用意されてはいますが、準備しておいたほうがいいな。と思う項目をまとめてみます。
[ マニュアル : wpXクラウド・wpXレンタルサーバーからの移転 ]

移転ツールでエラーがあると、手動での移転作業のページへのリンクが出ますが、手動での移転作業はめちゃくちゃメンドイので極力移転ツールを利用する方向へ調整します。

ドメインの設定
昨今は独自ドメインで利用している方が多いかと思いますので、データの移転作業前にドメインの設定が必要です。
旧サービスからの移転ですと、ドメイン名の入力のみで追加設定ができますので簡単です。

WordPress のセキュリティプラグインの無効化
移転ツールでは既存Wordpress にログインをしてデータを取得します。
そのためWordpressの管理画面へのログインに二重認証などを行うプラグインが有効化されているとログインができず、移転作業が失敗します。
移転ツールで作業する前に該当プラグインは無効化しておきます。

wp-content 内の容量の確認
今回の移転作業で一番つまずいたのがこの部分。
移転ツールでは wp-content 内のデータ容量が大きすぎると移転に失敗します。ステータスが待機中のまま5分経っても、10分経っても、1時間経っても変化ありません。
で、改めて移転ツールのページにアクセスすると失敗しました。と。
エラー内容が表示されないので、容量が原因だったということになかなか気がつけませんでした。

移転ツールで動作可能な容量は 2GB くらいだそうです。

自分の場合は15年ほど続けているブログなので画像ファイルが 8GB ほどありました。
FTPで一旦ローカルにバックアップをとって、直近一年分を残して、サーバー上から削除し、移転作業終了後に2年以上前の画像ファイルをFTPでアップロードする方法でいけました。
メディアファイル以外もバックアップツール等でブログ全体のデータをバックアップしてるファイルがあると容量制限ひっかかる場合があるようです。

.htaccess ファイルのコピー
移転ツールでは、既存Wordpressのデータベースやら、wp-content 内のファイルもまるっと移転してくれますが、htaccess の内容は移転されません。
htaccess の内容についてはファイルのやりとりではなく、管理画面での入力になるので、旧サーバーの内容を新サーバーへコピペすればOKです。

DNS の変更
移転作業が全て終了し、動作確認ができたら、DNSのAレコードを編集し、独自ドメインの宛先を旧サーバーのIPアドレスから新サーバーのIPアドレスへ変更します。

旧サーバーのブログタイトルをちょっと変更しておくと新サーバーへアクセスできているか確認しやすいです。

改めて思うと

移転ツールのエラー原因の追及やら、FTPでのファイルのダウンロード、アップロードの手間だったり、思いつきで始めた割にはえらい時間がかかりました。

そしてよくよく考えると旧サーバーでの運用には特別支障が無かったので、移転しなくても良かったんじゃ・・・と後になって気がつきました。

移転はよく考えてからやりましょう。

Program

Excelやスプレッドシートで特定の値をキーにしてデータを抽出する方法として vlookup 関数が有名ですが、vlookup関数の一番の弱点は
「検索キーのリストが一番左側にないとダメ」
ってところです。

vlookup / hlookup 関数の後継関数として xlookup 関数が発表されていますが、現状使える環境はごく一部のテストユーザー向けです。

Microsoft、新しいExcel関数「XLOOKUP」を発表 ~「VLOOKUP」や「HLOOKUP」の後継 – 窓の杜

既存関数の index 関数 と match 関数 でvlookup 関数の弱点を克服した使い方ができますので、覚えておいて損はないと思います。

index / match 関数によるデータ抽出

結論から先に 使い方は

=index("[抽出したいデータの範囲]", match("[検索キー]", "[キーを検索する範囲]", 0))

です。

それぞれの関数の詳細な説明は省きますが、match関数で、検索キーがある行番号を取得して、index関数で取得した行番号に対応するデータを返すといった動きになります。

vloock関数のように、検索キーの場所を選ばないし、取得する列の順番を数える必要もありません。

抽出したいデータ範囲とキーを検索する範囲をそれぞれ名前を付けて、それ上部の式に当てはめればサクっとデータ抽出ができると思います。

Apple / Mac / iOS

かねてより、16インチ版が出るかも、出るかもと言われてましたが、11月13日未明に発表され、公式サイトで販売が開始されました。

MacBook Pro 16インチ – Apple

これまでの15インチから16インチへ画面のサイズアップが一番大きな目玉ではあるけれど、個人的に一番気になるのはキーボード。

これまでのバタフライ型のキーボードから、それまで使われてきたシザータイプへ変更になります。

自分のMacbook 遍歴としては
2015年 MacBook Air (シザータイプ)
2016年 MacBook Pro (初代バタフライタイプ)
2019年 MacBook Pro (バタフライタイプ)
と、使っていますが、やはりMBA時代のシザータイプが使いやすかったです。

カーソルキーの逆T字型も戻ってよかった。
バタフライタイプから、カーソルの左右キーの大きさが他のキーと同じになり、上下キーの倍の大きさになったのですが、これがまた誤タイプしやすくてね。
下を押してるつもりが上に行ったり、その逆だったり・・。
隣にキーがある触感で上キーなのか、下キーなのか判別ができたシザータイプ時代のほうがよかった。

今年5月末に2019年版 MacBook Pro を買ってしまっているので、今回発表の16インチモデルは買いませんが、来年移行は13インチモデルも シザータイプになるかも? なので、その時を待とうかな。と思っております。

Apple / Mac / iOS

Catalina にアップデート後、日本語IMの設定ファイルがSystem Read Only になってて書き換えができないー と嘆いてた件、解決策が出てました。

[ macOS Catalina (Mojave, High Sierra, Sierra)で日本語入力時に常にスペースを半角に – Qiita ]

コマンド(⌘)+ R を押しながら起動し、メンテナンスモードのユーティリティからターミナルを起動し、SIPをOFFにしたのち、リブート。

$ csrutil disable
$ reboot

リブート後、システムフォルダ以下を編集できるように マウントします。

$ sudo mount -uw /

編集する設定ファイルの場所へ移動し、エディタで設定ファイルを開きます。

$ cd /System/Library/Input\ Methods/JapaneseIM.app/Contents/PlugIns/JapaneseIM.appex/Contents/Resources/
$cd sudo nano KeySetting_Default.plist

編集箇所は・・・画像引用にて

<string>contextual_space</string> 等書かれている箇所を direct_inputに書き換えつつ、画像のように書き換え。

<string>direct_input</string>
<key>character</key>
<string> </string>

終了コマンド ( control + x ) から 上書き保存 ( Y ) と Enter で保存。

日本語IM を再起動し思う通り、日本語ON時に通常半角スペース、Shift押しながらで全角スペースになるか確認。

$ sudo killall -HUP JapaneseIM

動作が確認したら、再度 ⌘+R で再起動し、 SIPを有効にしておきます。

$ csrutil enable
$ reboot

以上で終了です。

毎回この儀式を行うのもアレなので、いつかシステム環境設定から設定が行えるよう願っております。

Apple / Mac / iOS

macOS バージョン 10.15 となりCatalina が 10月8日未明にリリース。

朝起きたら何か来てるな、とさくっとインストールしました。

macOS 10.15 Catalina

パッと見た目は iTunesが複数のアプリに分離してましたが、個人的に映像・音楽コンテンツは Appleのものを利用していないので、特に影響なし。

iPad へ画像転送 Sidecar

Catalina の目玉の一つとなる iPadへ画像を転送しサブディスプレイ化する機能の Sidecar。

個人的には Photoshop の画面をiPadに表示させ、液タブみたいな使い方をしてみたかったのだが…残念ながら、Sidecarが使えるのはアプリに依存しているようで、アプリ側で対応してなければ Sidecar が利用できません。
で、Photoshopは未対応ってことで、残念。

セキュリティはより強固に

Mojaveでもアクセシビリティの設定はアプリごとに許可が必要でしたが、通知に関しても各アプリの初回起動時に許可通知が来るようになりました。
そしてこのセキュリティ強化が後の不具合(?)に…

JapaneseIM の 全角半角スペース問題

Yosemiteの頃からの問題ですが標準のJapaneseIMのスペースは日本後ONの時は全角固定。半角スペースはShift+Spaceで入力 or 日本語OFF が必要です。
この全角半角スペースの挙動反転は要望が多いだろうけれど、一向に反転するオプション項目がありません。
(WindowsのIMEは最初から付いてるのにね)

なので、Mojaveまではシステムファイルを直接書き換えて、全角半角スペースの動きを逆にしていたのですが、Catalinaから編集する該当ファイルが System Read Only に設定され、システム保護をオフにしてもファイルの書き換えができません。

何かしら方法があるのかもしれませんが、今のところ、手の施しようがなく、えらい人等がなんとかしてくれるのを待っている状態です。
ホント、日本語入力時にデフォルトで全角スペースになるのはなんとかなってほしいよねー

その他の部分は今のところ気になる部分はないかな・・・。使っていくうちにあれこれ出てきそうではあるけれど。