IT関係全般

Microsoft Windows

数年前にASPIRE 5750 を Windows7 から10へアップグレードしたのはいいが、動作がもっさり過ぎて通常利用では使わず、しばらく放置してました。

[Win10] Win7 から Win10 へアップグレード | sideblue weblog

最近、実家の妹が安いものでもいいからPCが欲しいとか、のたまってきているので、このもっさり動作のASRIRE5750もメモリ増設したり、SSDに換装したりすれば実用に足りえる端末になるのかなーと試してみました。

アップデートパーツ

大きくはSSDドライブとメモリ。そしておまけでバッテリー。
2011年製のモデルなのでさすがにバッテリーがヘタってきてるのでおまけで。

SSDドライブは….実は部屋にIntelの240GBのものが余ってました。
2年前の冬にゲームPCが(たぶん)電源のコンデンサの破裂で逝ってしまい、使えるパーツはあるだろうと思いつつも、電源関連のトラブルだったために、どのパーツが使える使えないのチェックが面倒だったので、まるっと新調した経緯がありました。
その逝ってしまったPCに積んでいたのがIntelの240GB SSDでした。
2年くらい放置してましたが、きちんと動作したので今回採用です。

メモリはさすがに余っていないのでAmazonで購入です。
元は2GBのメモリが2枚刺さっている状態だったので、これを4GBのメモリ2枚の8GBにします。

そしておまけのバッテリーもAmazonで。
純正品の生産はとっくに終わっているので互換バッテリーを購入です。

換装・・・の前に

今回のアップグレードではWindows10をクリーンインストールします。
以前はWindows7からのアップグレードだったので、ドライバ関連は特に問題なかったのですが、クリーンインストールではドライバがないと困るので、今のドライバをバックアップします。

Windowsパソコンにインストール済みのドライバをバックアップする方法 | エンジニアの休日 https://mtfield.net/win10-backup-driver/

コマンドプロンプトより次のコマンドを実行します。【任意】1
mkdir C:\DriverStore
対象のファイルを保存するフォルダー(ディレクトリ)を作成しています。
コマンドプロンプトより次のコマンドを実行します。1
dism /online /export-driver /destination:"C:\DriverStore"
保存先フォルダー “C:\DriverStore” は環境に応じて書き換えてください。
しらばくすると保存先フォルダー “C:\DriverStore” にバックアップされます。

出力されたデータはまるっと保存用のUSBメモリにコピーしておきます。

また、Windows10のインストールメディアも準備します。
8GB以上のUSBメモリを用意して、マイクロソフトのページからメディアクリエイトツールをダウンロードしてきて、Windows10インストールメディアを作ります。

Windows 10用の「メディア作成ツール」
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

換装

Aspire 5750のSSD換装とか、メモリ交換の記事はネットに多々あるので詳細は説明しませんが、ねじ2本で外れるカバーを外すだけでアクセスできるので簡単な部類かと思います。
ストレージは結構しっかり挟まっているので外すのには一苦労しましたが;;

メモリも入れ替えて換装完了です。

Windows 10のクリーンインストール

BIOSでBOOT順序をUSB関連を上位に持ってきて、Windows10のインストールメディアを刺して再起動をするとWindows10のインストールが始まります。

ここで注意なのが、Aspire5750では右手側に一つUSB3.0の端子がありますが、そこにUSBメモリを刺してもブートできませんでした。
その他のUSB2の端子じゃないとブートできないようです。
せっかくUSB3.0対応のUSBメモリを用意したのに無駄でした。。。いや他で利用するから無駄にはなりませんが。

インストール開始時にプロダクトキーを聞いてきます。
ここは元からあるWindows7のプロダクトキーを入力しましょう。
本体底にシールが貼ってあると思います。
後から入れようと思って、「プロダクトキーなし」で進めてしまうと、インストール後に入れられるプロダクトキーはWindows10のものである必要があるため、インストールのやり直しになってしまいます。

インストール作業自体は小一時間もかからずに終わってしまいます。

アップグレード完成

イベントログを見てみると、細かいよくわからいようなエラーログも出てるが、とりあえず動作しているようなので、アップグレードは完了です。

[システムの要約]
項目 値
OS 名 Microsoft Windows 10 Home
バージョン 10.0.17763 ビルド 17763
OS の他の説明 利用不可
OS 製造元 Microsoft Corporation
システム名 DESKTOP-DFECK1F
システム製造元 Acer
システムモデル Aspire 5750
システムの種類 x64-ベース PC
システム SKU
プロセッサ Intel(R) Core(TM) i5-2410M CPU @ 2.30GHz、2301 Mhz、2 個のコア、4 個のロジカル プロセッサ
BIOS バージョン/日付 Acer V1.05, 2011/02/11
SMBIOS バージョン 2.7
埋め込みコントローラーのバージョン 255.255
BIOS モード レガシ
ベースボード製造元 Acer
ベースボード製品 JE50_HR
ベースボード バージョン Base Board Version
プラットフォームの役割 モバイル
セキュア ブートの状態 サポートされていません
PCR7 構成 バインド不可
Windows ディレクトリ C:\Windows
システム ディレクトリ C:\Windows\system32
ブート デバイス \Device\HarddiskVolume1
ロケール 日本
ハードウェア アブストラクション レイヤー バージョン = “10.0.17763.194”
ユーザー名 DESKTOP-DFECK1F\PC01
タイム ゾーン 東京 (標準時)
インストール済みの物理メモリ (RAM) 8.00 GB
合計物理メモリ 7.85 GB
利用可能な物理メモリ 5.40 GB
合計仮想メモリ 9.73 GB
利用可能な仮想メモリ 7.17 GB
ページ ファイルの空き容量 1.88 GB
ページ ファイル C:\pagefile.sys
カーネル DMA 保護 無効
仮想化ベースのセキュリティ 無効
デバイス暗号化のサポート デバイスの自動暗号化が失敗した理由: TPM は使用できません, PCR7 バインドはサポートされていません, ハードウェア セキュリティ テスト インターフェイスが失敗しました。デバイスは InstantGo ではありません, 許可されていない DMA 対応バス/デバイスが検出されました, TPM は使用できません
Hyper-V – VM モニター モード拡張機能 はい
Hyper-V – 第 2 レベル アドレス変換拡張機能 はい
Hyper-V – ファームウェアで仮想化が有効 はい
Hyper-V – データ実行防止 はい

[ディスク]
項目 値
説明 ディスク ドライブ
製造元 (標準ディスク ドライブ)
モデル INTEL SSDSC2CW240A
バイト/セクター 512
読み込まれたメディア はい
メディア種類 固定ハード ディスク
パーティション 2
SCSI バス 0
SCSI 論理ユニット 0
SCSI ポート 0
SCSI ターゲット ID 0
セクター/トラック 63
サイズ 223.57 GB (240,054,796,800 バイト)
シリンダー合計 29,185
セクター合計 468,857,025
トラック合計 7,442,175
トラック/シリンダー 255
パーティション ディスク #0, パーティション #0
パーティション サイズ 100.00 MB (104,857,600 バイト)
パーティション開始オフセット 1,048,576 バイト
パーティション ディスク #0, パーティション #1
パーティション サイズ 223.47 GB (239,949,840,384 バイト)
パーティション開始オフセット 105,906,176 バイト

あとのOSの細かい設定とか、使うソフトの設定とかは、使う人に任せよう。

クリーンインストール直後で余計なソフトが入ってない事もあり、動作がキビキビしてていいね。
なんか譲るのもったいなくなってきたw

Apple / Mac / iOS


ニューヨークの10月30日にApple発表イベントが行われ、iPad Pro, MacBook Air, Mac mini の新作発表がありました。

[ Apple Special Event2018年10月30日 ]

iPad Pro


一番ガラリと変わったのがiPad Pro。
ホームボタンが廃止され、薄くなり、少し小さくなり、軽くなった。それでいて中味はパワーアップ。
新型のApple Pencilもマグネットで吸着してそのまま充電できるようになったので、タブレット端末としての完成度はすごく上がったと思う。
来年にはフルのPhotoshopも出るようなので、使い勝手次第では 今使っているMacbookProから乗り換えも….

とは考えたけれど、やはりキーボードだよなぁ。
一応 Smart Keyboard Folio というsurfaceのようなキーボードが発表されましたが、キーボードとしての使い勝手は変わってないようです。つまり微妙ってことで;;
[ iPad Proハンズオン – GIZMODE ]

あとインターフェイスがLightningからUSB TYPE-Cに変わったことで拡張性も上がったみたい。
MBP用で使っている USB-C to HDMI もそのまま使えるのかな?


MacBook Air


いろいろパワーアップしてるようだけれど、
それもうMacBook Proでよくね?
と思う。重量に関しても、調べてはないけれど無印のMacbookの方が軽そうだし..微妙な感じ。


Mac mini


4年ぶりのアップデートということで、中身は大幅パワーアップ。
いろいろ遊べそうな気はするのだけれど、自分の今の利用環境では用途が思いつかない。



そんなこんなで、すぐに予約して欲しい!というほどではないけれど、一番気になるのはやっぱり iPad Pro かなー。

Program, Wordpress

PHP7.2にして、Wordpressを動かして見ると、

count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in …(ファイルパス)/wp-includes/post-template.php on line 284

なワーニングメッセージが。

調べてみるとPHP7.2 になって count関数 が変わった模様。
PHP 公式マニュアル

バージョン 説明
7.2.0 count() will now yield a warning on invalid countable types passed to the array_or_countable parameter.

引数が配列かカウントできるオブジェクトじゃないとワーニングを出しますよー。
ってことになったらしい。

で、件の post-template.php では

if ( $page > count( $pages ) ) // if the requested page doesn't exist
	$page = count( $pages ); // give them the highest numbered page that DOES exist

と $pages がどんなオブジェクトがわからないまま、count関数の引数に使われているのでワーニングが出た模様。

$pages が空(NULL)の場合にワーニングが出るので、count関数を使う前に$pagesが空かどうかのチェックを入れればOK。
空の場合は0を入れてあげます。

if ( ! empty( $pages )) {
    if ( $page > count( $pages ) ) // if the requested page doesn't exist
    	$page = count( $pages ); // give them the highest numbered page that DOES exist
} else {
    $page = 0;
}

コンピュータプログラムの世界では 空(NULL) = 0 かどうかか環境依存だったりするので、ややこしいですね。



ひとまず該当箇所を修正して、ファイルを上書きすればワーニングは出なくなります。

Google / Android, ハードウェア


auの前身IDOの頃からずっと契約し続けていましたが、数ヶ月前に MNPでauから離れました。

長期契約のメリットが無いとか、料金が高いとか、使いたいと思う端末が無いとか、いろいろな複合的な不満が溜まっていて離れました。

オペレータのお姉さん(?)には18年くらい利用している云々、散々引き止められましたが、決意は固く、「いらない」「結構です」と断りまくってMNP番号を取得しました。

移動先は大手キャリアではなく、ネット回線でも利用している IIJ さんのみふぉん。
[ IIJmio ]

端末は何にしようかいろいろ悩みましたが、SIMフリーなので、いつでも本命に変えられるということで最初は安価な端末
[ SHARP AQUOS SH-M05 ]
にしました。

通話をする分にはなんの問題もないですし、モバイルSuicaもきちんと使える端末を選びましたし、今の所なんの不都合もありません。
唯一キャリアのメールアドレスが使えないことですが、そもそもキャリアメールは極々一部でしか利用していなかったので、それらを通常利用のメールアドレスに変更することで支障なく利用できてます。

SIMフリー環境になったことで、今度出るGoogle 製の Pixel3 は気になるところですが、安価とはいえ端末を替えてまだ数ヶ月なので、乗り換えるかどうか悩みどころ。



正直スマホより、近日発表されるという噂の新しいiPadのほうが気になっていますw

Webサービス, Wordpress

昨今、Webサイトの常時SSL化は必須の流れになってきています。
その流れに沿って自分の管理しているサイトもSSL化していますが、wpXサーバーでのWordpressサイトの独自SSL化でハマった箇所があったのでメモ。

wpXでの独自SSL化は管理画面のメニューにもあり、マニュアルもあるので大半は流れに沿っていけば問題ないかと思います。
[ 独自SSL設定 | wpXクラウド – WordPress専用のクラウドサービス ]

その中でハマったのが、マニュアルに沿って一通り設定が完了し、サイト自体もSSL化がされた鍵マークがついたので訪問者が閲覧する分には問題ありません。

が、Wordpressの管理画面内、一般設定のWordpressアドレスとサイトアドレスが http:// のままなのです。
直接編集しようにもグレーアウトされ入力は不可となっています。
一応、phpMyAdmin でデータベース内のデータを確認してみると、こちらは optionテーブル内の home と siteurl はきちんとhttpsに変わっています。
wpXのSSL化補助機能を使った結果できちんと反映されています。
が、WPの管理画面では反映されていない。なぜ?why?

いろいろ調べてみるとwp-config のファイル内で siteurl や home が定義されていると管理画面内ではグレーアウトするようです。

なるほど。wp-config で定義されている可能性があるな。
しかしwpX サーバーへFTPアクセスできるフォルダは wp-content フォルダ。 wp-config があるのはその一つ上のフォルダ。アクセスできんじゃないか!!
と思ったが、ちゃんと解決策もあるようで、wpXのFTP接続設定のオプションで接続先フォルダを変更できるものがあったようだ。

FTPオプションを変更して、wp-config にアクセスして(これもそのままじゃ権限の関係で編集できないので、アクセス権の変更が必要です)、案の定 home と siteurl が定義されていたので https に変更して、ようやくひと段落です。

原因が分かればさくっと解決できたのだが、何事もその原因追求に時間と手間がかかるのよねー。

そもそもSSL化補助機能で wp-config の変更もやってくれればよかったのにね。