ハードウェア全般

ハードウェア

モニターを横並びにしたときに以外と悩むのがスピーカーの位置。

複数設置のモニターの両端にスピーカーを置くと左右が離れすぎるのよね。
これまではメインモニターの左右に置いていて、自分自身は動くことなかったので問題なかったのですが、新環境では自分も移動するので微妙な感じになります。

ということで、モニターのU2720QMを購入したときに同じくDELLのサウンドバーAE515Mを購入しました。

さすが純正なだけあってフィットしますね。

Mac mini とモニターの U2720QM は USB-Cで繋いでる事もあって、モニターのUSBポートはUSBハブとしても動作するようでモニター側のUSBポートに AE515M のUSBケーブルを繋いでもMac側でサウンドユニットとして認識してくれます。

音もしっかり出てるので、これはいいな。

と思っていたのだが、HDMIに切り替えてPS4Proを起動してみたら音がでない。

数分悩んだが、そうだよね。モニターのUSBポート繋いでいるけれど元はMac mini だもんね。
音の出ている場所が違うんだから、出ないよねー。
そそくさと3.5mmケーブルをモニターの音声出力からAE515Mのライン入力に繋いで無事音がでました。

で、安心してPS4をプレイしてたら急に音でなくなった。

何故に!!!とあたふたしていたら、Mac がスリープモードになったことが原因でした。
モニター背面のUSBポートからはモニターがついていても常に給電はされないようなので、別途電源(コンセント)が必要ってことで適当なUSBコンセントを繋げて、Macの電源が落ちていてもきちんと音がなるように。

んーなんか状況はPCスピーカーを繋いでるのと変わらないな。
せっかくいろいろ機能がついているが使いこなせてなくてもったいなく感じる。

ま、肝心の音は悪くないからいいけどね。

Apple / Mac / iOS,ハードウェアMac mini,PC周辺機器

前回のエントリでMac miniでの作業環境の不満点としてモニターがありました。

それまでのモニター周りの接続環境は下のような感じでした。

一応モニターは2台ある環境でしたが、利用するのはモニタ1のほうばかりで、モニター2のほうはPS4を使っているときに調べ物をする際に使うくらいでした。

モニター1の方もPCを使う時はDVI-Dに入力を切り替え、それ以外の利用の際も入力をHDMIに切り替え、更にHDMIセレクタで入力を切り替えるという手間がありました。

前回のエントリ投稿後、やっぱり4Kモニターがあったほうがいいよな。ということで早速ポチりました。

4Kモニターが追加されたことで下記のような環境になりました。

WindowPCとMac mini を表示するモニタを物理的に分けることで、モニタ前のスペースをそれぞれの端末のキーボードを置けるようになりました。
これだけでも大分違いますが、やはり4Kモニターはキレイですわ。テンション上がりますねw

PS4 Proも4K接続できるようになって、ようやくProの性能を引き出せる環境になりました。

Microsoft Windows,ハードウェアHardware,TrackPad

ライバルはMagic Trackpad。Windows向けの「高精度」なワイヤレス・トラックパッド (GIZMODO)

Macbook で一番評価できるのはMagic Trackpad。
あの使い心地に慣れてしまうと他のWindowsノートとかのタッチパッドは使いにくくて…。

海外で$99.99 で販売されているが、果たして使い心地はどんな感じだろうか・・。
Twitterとかで検索しても日本でレビューしてる人はまだっぽい。

海外では短いレビューはあるようだけれど…

きびきび反応しているようだけれど、どうかなぁ。

ハードウェアPC周辺機器

R2TLS-JP4-BK

しばらく・・・といっても半年くらいですが、Mac用のRealFoceを共有で使っていました。

[KB] RealForce for Mac インプレッション – sideblue

ですが、
・存外、キーボードの接続先とモニターの入力切替を行うのが面倒。
・Macbook Pro を新調したので、MacBook Pro をクラムシェルモードで使わなくなった。
・Windows機メインで使うにはMac用のReal Forceでは毎回儀式が必要。(Winモードにするとか、Fキーモードにするとか)
など、いろいろ面倒でした。

ちょうど、会社で使っているPCもWindows10マシンへ刷新されたので、キーボードも新たにWindows用に新調しました。

R2TLS-JP4-BK という型番

RealForceでは型番で商品の特性を示しているようです。
自分の購入したR2TLS-JP4-BKについては

R2 – RealForce 第2世代

TL – テンキーレス

S – 静音

JP – 日本語配列

4 – ALL45g荷重

BK – ブラック

といった感じです。

Mac用 R2TL-JPVM-WH との比較

半年ほど使っていた R2TL-JPVM-WH とスペック的な違いは、こちらはキー荷重が中央付近が45gで端っこあたりが30gの変荷重モデルなくらいです。

またキーが白か黒かの違いか、昇華印刷(白) か レーザーマーキング(黒) かの違いなのか、若干Mac用のR2TL-JPVM-WH のほうがキーの角が丸みがある感じです。

タイピングの差としては、若干R2TLS-JP4-BK のほうが押し心地が重い・・・か・・・な? といった程度。
並べて押し比べないとわからないレベルです。
個人的には黒の45荷重モデルの押し心地のほうが好みです。

R2TLS-JP4-BKの使い心地は

さすがにWindows用なだけあって、余分な儀式もなく、さくさく使えて完璧。

やはりキーボードは、東プレ RealForce が至極です。

Google / Android,ハードウェアSmartPhone


auの前身IDOの頃からずっと契約し続けていましたが、数ヶ月前に MNPでauから離れました。

長期契約のメリットが無いとか、料金が高いとか、使いたいと思う端末が無いとか、いろいろな複合的な不満が溜まっていて離れました。

オペレータのお姉さん(?)には18年くらい利用している云々、散々引き止められましたが、決意は固く、「いらない」「結構です」と断りまくってMNP番号を取得しました。

移動先は大手キャリアではなく、ネット回線でも利用している IIJ さんのみふぉん。
[ IIJmio ]

端末は何にしようかいろいろ悩みましたが、SIMフリーなので、いつでも本命に変えられるということで最初は安価な端末
[ SHARP AQUOS SH-M05 ]
にしました。

通話をする分にはなんの問題もないですし、モバイルSuicaもきちんと使える端末を選びましたし、今の所なんの不都合もありません。
唯一キャリアのメールアドレスが使えないことですが、そもそもキャリアメールは極々一部でしか利用していなかったので、それらを通常利用のメールアドレスに変更することで支障なく利用できてます。

SIMフリー環境になったことで、今度出るGoogle 製の Pixel3 は気になるところですが、安価とはいえ端末を替えてまだ数ヶ月なので、乗り換えるかどうか悩みどころ。



正直スマホより、近日発表されるという噂の新しいiPadのほうが気になっていますw