ハードウェア全般

Google / Android, ハードウェア


auの前身IDOの頃からずっと契約し続けていましたが、数ヶ月前に MNPでauから離れました。

長期契約のメリットが無いとか、料金が高いとか、使いたいと思う端末が無いとか、いろいろな複合的な不満が溜まっていて離れました。

オペレータのお姉さん(?)には18年くらい利用している云々、散々引き止められましたが、決意は固く、「いらない」「結構です」と断りまくってMNP番号を取得しました。

移動先は大手キャリアではなく、ネット回線でも利用している IIJ さんのみふぉん。
[ IIJmio ]

端末は何にしようかいろいろ悩みましたが、SIMフリーなので、いつでも本命に変えられるということで最初は安価な端末
[ SHARP AQUOS SH-M05 ]
にしました。

通話をする分にはなんの問題もないですし、モバイルSuicaもきちんと使える端末を選びましたし、今の所なんの不都合もありません。
唯一キャリアのメールアドレスが使えないことですが、そもそもキャリアメールは極々一部でしか利用していなかったので、それらを通常利用のメールアドレスに変更することで支障なく利用できてます。

SIMフリー環境になったことで、今度出るGoogle 製の Pixel3 は気になるところですが、安価とはいえ端末を替えてまだ数ヶ月なので、乗り換えるかどうか悩みどころ。



正直スマホより、近日発表されるという噂の新しいiPadのほうが気になっていますw

ハードウェア


これまでPCスピーカーとしてONKYO の GX-30A を使ってきました。
が、ここのところ片方からの音が聞こえなくなったり、ひどいノイズが出てたりして、ちょっと使用するに耐えなくなってきました。

良く考えれば、PC周りではこのスピーカーが一番の古株です。
学生の時に、春日部駅前のラオックスで買ったのを覚えているので、ゆうに17年以上も経っていました。
(メーカーページを確認したら1999年製だったみたい)

スピーカーに求めるもの

買い替えるにあたり、やはりある程度の条件は必要で、
・アンプ内蔵
・2入力 (PCからとゲーム機からの出力があるため)
・それなりにリーズナブル

あたりが条件となります。

アンプ内臓でリーズナブルな機器は多々ありますが、2入力できる機器が思いのほか見つからなくてあれこれ探しました。

購入機器の決定

そんなこんなで、選んだ機器が ONKYO社 のWAVIO GX-77M です。

・前と同じONKYO社製。
・アナログ入力x2 + 光デジタル入力があるので、ゲーム機からの出力はデジタルからできるかも

といったところで決めました。

総評

以前設置していた GX-30A に比べると一回り大きいのでちょっと設置場所のスペースを空ける作業が発生しましたが、特にトラブルも設置完了。
接続についても特に戸惑うような事は起きませんでした。

出てくる音も問題ないようで、変な感じは特にしませんでした。
ホワイトノイズもほぼ無いような状況です。

が、使ってみて問題発生!

アナログ入力とデジタル入力の同時出力ができねぇ!

良く考えば当然で、1万そこそこの機器でデジタル信号のミックスができるわけがありません;;
アナログで聞いてもデジタルで聞いても、聞き分けができる耳を持っているわけでもありませんので、いちいち切り替える煩雑さも加味してアナログ2入力で利用することになりました。

Google / Android, ハードウェア

pixel-xl-family-us-only-1
[ 速報:Googleが新型スマートフォンPixel発表、Googleアシスタントとスマホ史上最高画質カメラ搭載 – Engadget Japanese ]

日本発売は未定というものの、日本語のPixelのページは公開していて、あとは販売開始が発表されるだけ。といった感じです。
まぁ、Chromebookの時も日本展開より前に日本語のページができてたと思うので、日本での展開はナシってことはないかと思います。

2016-1006-google-pixcel
[ Pixel – 初めての Google 純正スマートフォン – Google ストア ]

日本語のページを見ていて気になったのはカラー展開がシルバーとブラックのみなところ。
発表会ではブルーもあったのだが…日本ではないのかも。

今使ってるHTL23があと3か月くらいで2年経つので、日本で出るなら買い換えたいなーとは思うのだが、日本展開はしばらくなさそうな感じよね。

ハードウェア

oI5ERAHjRK65._UX970_TTW_
Amazon PrimeDay でポチってしまったシリーズ2

一応ヘッドセットは X-Tatic Pro SGH-XtP を持ってはいるのだけれど、プライム価格で 2,944円 という価格に思わず。

到着した時は箱じゃなくて袋に入った簡易包装でびっくり。買値からするとコスト削減なんだろうな。とは思うけれど定価(12,980円)からすると…なんかねぇとは思う。
ただ、ヘッドセットそのものは実売価格からするとあまり安っぽい感じはせず、十分すぎる感じです。

着け心地としては比較的緩めではあるが、イヤーパッドがソフトレザーなせいか長時間つけているとイアーパッドが蒸れてくる。
ヘッドセットとしても、PS4での利用もDS4にプチっと差し込むだけで利用できるので、簡単です。



ピンジャックと共にUSBケーブルが付いているがUSBヘッドホンとして利用はできず、USBは光らせるための給電のみについてます。
・・・正直いらねぇぇぇぇぇ。ヘッドセット光らせて何になるのさ。



ヘッドセットとして質は悪くは無いのでコストパフォーマンスが良い品ですね。

ハードウェア

160717-Fire-TV-Stick-Standard-Hero

Amazon Prime Day で思わずポチってしまったシリーズ その1

Amazon Fire TV Stick


購入したの音声リモコンなしタイプ。
プライムデイでは3,486円でした。

【プライム会員必携】Amazon Fire TV Stickのたぶんどこよりも詳しいレビュー | エンターテイメント系節約術 キリツメ!

正直PS4のアプリでもAmazonビデオを視聴できるアプリがあるので、必ずしも必要なガジェットではないのだけれど、ホント何となく。

操作感覚は可もなく不可もなく。
さすがにアプリでの操作感覚はPCやPS4には劣ってしまうけれど、リモコンでのレスポンスはそんなに悪くない感じ。

あとはコンテンツだが、プライム会員であれば無料で視聴できるコンテンツが多々あるし、huluやNetflix、dTVなんかを利用してるのなら、それらを視聴するアプリもあるので、映像コンテンツはほぼこれひとつにで賄える感じ。



数日使ってみて、やはりこの手のガジェットは30インチ40インチといった大型TVがあるリビング向けのものだなぁ。と思う次第。

ウチの環境のようにPCモニタと兼用な環境だと、HDMIの入力切替が必要だったりするのだが、その一手間が妙に手間に感じる。
その見たい映像コンテンツがFire TVからじゃないと見られないのならまだしも、PCとかPS4からも見れちゃうので、切替の一手間がやっぱり手間に感じてしまうのが・・ね。

ガジェットそのものはとてもいいものですよ。