ハードウェア

DELLが5万円を切る低価格ノートパソコン「Inspiron Mini 9」を本日発売、ファンレスで生活防水も
(GIGAZINE)
[ 手軽に持ち運べるスタイリッシュなミニノートパソコン「Inspiron™ Mini 9」を発表 ] – DELLプレスリリース

「Inspiron Mini 9」はCPUにIntelのAtomプロセッサN270(1.6GHz)、8.9インチ光沢液晶ディスプレイ(1024×600)、5-in-1カードリーダーを採用しており、メモリやSSDの容量、キーボード、Bluetooth、ウェブカメラの有無などをカスタマイズ可能。また、OSにWindows XP SP3またはUbuntu 8.04を選択できるとしています。なお、カラーはオブシディアン・ブラックとパール・ホワイトの2色で重さは約1kg、バッテリー駆動時間は3時間40分。

ちなみにオンラインストアでの価格構成例としては、OSにUbuntu 8.04、512MBのメモリ、4GBのSSDなどを選択した「ベーシックパッケージ」が4万9800円で、Windows XP Home Edition SP3、1GBのメモリ、8GBのSSDを選択した「プレミアムパッケージ」が5万7980円。

そしてWindows XP Home Edition SP3、1GBのメモリ、16GBのSSD、130万画素ウェブカメラ、Bluetoothモジュールなどを選択した「プラチナパッケージ」が6万4980円になるとのこと。

枕元に置いておいて就寝前にダラダラ二次創作サイトを巡回するのが主な目的なので、Ubuntu版でも全く問題なし。
DELLならクーポンとか使えるのかな?

うーん、欲しくなってきた。

ハードウェア

ASUS、Atom/8.9型液晶を搭載した「Eee PC 901-X」を国内発売
(PC WATCH)

 ASUSTeK Computerは、Atomプロセッサを搭載した8.9型ネットブック「Eee PC 901-X」を7月12日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は59,800円前後となる。

7月中に発売するって話はちらりと聞いてはいたが、

明日かよっ!!!11

くそう。欲しいなあ。

[>>Hothotレビュー ASUSTeK Computer 「Eee PC 901-X」~Atom N270搭載の新モデル
](PC WATCH)

ハードウェア

厳密に言うと「機種増設」なのだが、携帯を W42H から W61CA に変更しました。

W61CA
(カシオ携帯電話オフィシャルWEBサイト)

名前から分かるようにAUのカシオの携帯。夏の新機種の「W62CA」が発表になってはいるが、今回機種変に関してカメラ機能を重要視してたのでコンセプトが異なるW62CAは除外。まだ発売されてないしねw

他のカメラ機能重視の機種としてW61Sがあるが、そちらは新プラットフォームKCP+の評判がよくなく、全体的に動作がもっさりしてるらしい。なによりも高いw

…ということで、カメラ機能はさることながら全体的に悪い評判は少なく、次世代機種も発表されて価格も安くなってきた所をゲットです。
使い勝手云々は、ちまちま使いつつ…ね。

にしても、ICチップ対応になってから機種乗り換えが楽になったね。窓口や電話連絡とかしなくてもチップの入れ替えだけで済むんだもん。

ハードウェア

デルのミニノートは8.9インチ/12.1インチのDELL E、299ドルから
(Engadget Japanese)

デルから登場するEee PC対抗ミニノートの続報が入りました。どこからともなく届いたスライドによればDellのミニノートはDell Eシリーズという名称になり、ローエンドモデルは$299(!)という低価格から登場するようです。

複数の構成が用意されるDell Eは大別して8.9インチ画面のDell Eシリーズおよび12.1インチのDell E Slimの2クラスに分かれており、8.9型はEee PC 901など低価格ミニノートに、12.1インチはMacBook AirやThinkPad X300など上のクラスのモバイルノートまでに対抗する位置づけとなっています。8.9インチ版Dell Eの基本仕様は:

* 8.9インチ 1024 x 600ディスプレイ
* 1.6GHz Atom (Diamondville)プロセッサ
* 4 ~ 12GB SSD
* 512MB または1GB SDRAM
* SDカードスロット
* 30万画素ウェブカメラ、USB 2.0 x3、マイクと音声出力、VGA出力
* 802.11b/g WiFi、Bluetooth、WiMAXおよびWWAN (オプション)
* 4セル35WHrバッテリー(~5時間駆動、ターゲット)
* LinuxまたはWindows XP
* 重量は2.2ポンド (1kg)以下

ラインナップは4GB SSD / 512MBメモリでウェブカメラなしの最下位モデルDell E Classic、8GB SSD / 1GB メモリでカメラありがDell E Video、SSDが12GBでBluetoothも入った上位がDell E Video+。

ぉぉぅ。$299 (日本円でおおよそ¥32,000-くらい)は安いなぁ。

パッと起動できて、さくっとブラウジングできるならいいねぇ。

ハードウェア

AMD搭載の、低価格高機能サブノートPC
(Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン))

Eee PC901と1000、MSI Wind、Asus Aspire One、そして今回ご紹介するAMDのブースにあったこちらのUMPCです。

上の黒いのは7インチ、Windows XP搭載、1280×600のタッチスクリーンディスプレイ、HDDは60GBまたは80GB、1GBのRAMというスペックです。

白いのは画面サイズが8.9インチ、AMDのCPUにATIのRS690チップセット、1GBのRAMを搭載していてOSはLinux、だとか。
いろいろと詳細はまだはっきりしませんが、ここ2、3日でいろいろわかってくるのではないでしょうか。

誰かさんが喜びそうだねぇw