[WIN] 闘神都市Ⅲ その4

闘神区画からクリアまで。

闘神となって闘神区画へ乗り込むが、味方と思っていたボルトが最初から都市長の思惑に乗っかっていて、その思惑に人間には対抗手段のない悪魔が絡んでいて、悪魔の力によりレグルスとレメディアが洗脳されている現状。
で、その悪魔の偉い奴が一年目に無垢な様子でナクトと羽純に近づいてきたフィオリだったという驚愕な展開。

なすすべの無いナクトはフィオリの思惑に乗ることしか出来ず、現状打破の方法もフィオリの都市長を困らせてみたいという気まぐれな遊び心に乗るのみとなんとも受け身受け身な流れ。

正直闘神区画に入り、闘神迷宮が狩り場となったあたりから、退屈で苦痛だった。
付加強化しまくりとスキル強化でザコ敵はほぼ溜め1発と通常攻撃1発で沈むので、一発攻撃を受けるか受けないかって程度、それに道具屋で帰るガンダム白い悪魔の盾の能力が「一定確率で最初に受ける無属性攻撃のダメージを0にする」というものなので一度受ける攻撃も盾で防げて、回復薬を使う機会が殆どなくなるんだよねぇ。
そんなんだからボス戦も危機状態になることなく、さくっと倒せたりと…一番苦労したのは一年目の付与を殆どしなかった幻一郎戦だったような気がする;;

そんな訳であまり緊張感の無いまま、最終ボスを倒し、エンディング。
クリア後のアリスの館はやってないので、後日談とかあるのかどうか分からないが….このエンディングはどうなのよ。
レメディアの生い立ちは複雑で物語の基幹となる部分でもあるし、ナクトと羽純にもかけがえのない人ではあるので、最後の悪魔の長(の妻)の報酬で対価無しで叶えられる願いにレメディアの復活は、まぁ分からんでもないんだけどー。
なんでカラー(の子供)として復活させるかなぁ…。ナクトと羽純に取ってはレメディア=カラーであるし、レメディア自身もカラーとしてアイデンティティがあるからカラーとなる事は自然な流れかもしれないが、カラーという種族所以の苦労も伴うわけで…。子供からやり直すのであれば、ナクトと羽純との人間の子供として復活という形でも良かったんじゃないかなぁ・・と思う今日この頃。



二週目に関しては特典が全くなく、普通に最初からやらされるらしいので、スルー。



総評としては….うーん、微妙なライン。
決してつまらないゲームではないのだけれど、人に勧められるほど面白いかと言えばそうとも言えないレベル。
特に「闘神都市」の名前をつけている分、前作の名作ぷりから期待するとがっかり度は上がるw

「やって損したー」と思う事はあまり無いと思うので、時間とお金に余裕のある方はどうぞー。

[ ALICE SOFT HOME PAGE ]
[tmkm-amazon]B001B6GMLS[/tmkm-amazon]

[WIN] 闘神都市Ⅲ その3

発売から一週間は経っているのでネタバレ部分も隠さずに。

決勝戦の相手は レメディア。
結構がんばってレベル上げして、付与もしたのだが倒せず負け…。

そしてここでOPのムービーが。

ここまでプロローグかよっ!

君のぞのように学生時代まるまるプロローグ扱いのようなオープニングまでが長いゲームは多々ある事は分かっていたが、闘神都市でやられるとは思わなかった。

そんなこんなで二年目の闘神大会へ参加。
羽純は強制労働で闘神区画へつれられてしまったのでナクトのパートナーとなったのは一年目はマダルガのパートナーだったアザミ。
意外といえば意外な組み合わせなのだが、後々の展開を考えるとベストな選択なんだよねぇ。

で、シード権を使ったので3回戦からの参加で一年目動揺、マビル迷宮で経験値と付与素材を集めて自分を強くしていく事のくりかえし。
付与に関しては当初は闘神区画にとらわれているのだが、ボルト一行の思惑で感情を封印された状態でナクトと再会を果たす事になる。
反応を全く示さず、会話すらもできないのだが、付与だけはできるという都合の良い状況で付与関係も問題なくなる。

さくら貝があれば拡張付与で武器スロットを無限に増やせるという設定は物語のキモとなる部分ではあるのだが、ゲームバランス的にヌルくなりすぎるんだよねぇ。
普通のモンスターを倒した時も低確率でさくら貝は手に入るのだが、宝箱やイベントとかでもちょこちょこ手に入るし、女の子モンスターが倒せるようになると、確実にさくら貝はドロップするし、時にはよりスロット数が増える白さくら貝も入手できる。
何も考えずに付与しまくってもスロットが余りまくるのはどうかと思うんだよねぇ。

二年目の闘神大会は一年目と同じ顔ぶれもあり、新登場のキャラもイマイチインパクトに欠けてて、盛り上がりが欠けてる感じ。
主人公の意識は闘神大会よりも、そこで優勝後の闘神区画での事柄に意識が向いてるしね。

自身も強くなっていて戦闘自体も楽になっていることが起因してるんだけれど。。

そんなこんなで二年目の闘神大会は、操られてたボーダーと決勝を戦い、さくっと倒して闘神へ。
舞台は闘神区画へ。

[ ALICE SOFT HOME PAGE ]
[tmkm-amazon]B001B6GMLS[/tmkm-amazon]

[WIN] 闘神都市Ⅲ その2

なんだかんだでちょこちょこ進めて、準決勝に勝利したところまで。

前のエントリで付与は枠が有限なので躊躇する・・・とか書いてたが、ある時期から本来の羽純の付与の力が解放されてさくら貝があるだけスロット数が増やせるのでちまちま節約するのがバカらしくなる;;
3×3枠の付与素材は2%UP等効果が薄めなので後回しとして、そのほかの攻撃・防御・活力UP系の付与はどんどんしていくと、戦闘が大分楽になる。
闘神大会の試合の方も大分楽になって、付与をケチってギリギリの戦いになった対忍者戦から比べると天と地ほど違うね。

ゲーム自体も話を進める道筋は分かりやすく誘導されているので迷う所は一切なし。
誘導の無いところにも一応行けることは行けるのだが、簡単なテキストだけだったり、イベントCGがちらほらとあるくらい。
もちろんエロゲなのでイベントCGはエロ絡みではあるがw

さて、これから決勝。対戦相手は….一応ネタバレになるので伏せとく。トーナメント表を見ると簡単に想像はできると思うが;;

闘神住居エリアにもダンジョンがあるという話ではあるが、このゲーム一体どれくらいのボリュームになるのかな?

[ ALICE SOFT HOME PAGE ]
[tmkm-amazon]B001B6GMLS[/tmkm-amazon]

[WIN] 闘神都市Ⅲ その1

時間ねぇぇえ とか言いながらも週末にちょこちょこやってたり。

今回は闘神大会二回戦終了、忍者相手にかろうじて(残りHP14)で勝ったところで終了。
そこそこレベルを上げてたつもりなのにギリギリの戦いだったということは、これくらいが適正がそれ以下てくらいなのか。。。キツイのぅ。

単に付与をペンチくらいしか入れてないのでそのせいかもしれないが。。。

今作の一番キモとなりそうなのが付与。
一度付与したアイテムは取り消しが効かないってのが、いろいろぶち込む事を躊躇させるんだよなぁ。
ペンチはスキルの取得に必要なので入れてはいるが、他の攻撃UPとかの付与が、UP率の上限が分からないために適当に入れて良いものやら非常に悩む。
今持っている素材が2%~8%くらいなのだが、上限が50%とかのアイテムが出てくるのであれば10%以下のモノを入れて枠を消化してしまうのはもったいないw

とりえず最低限の付与だけで行ける所まで行ってみるつもりではあるが、茨の道になるのかねぇ。

[ ALICE SOFT HOME PAGE ]
[tmkm-amazon]B001B6GMLS[/tmkm-amazon]