ReBlog

世界唯一のゾウガメに「親類」=ガラパゴス諸島で雑種発見-国際チーム
(時事ドットコム)

南米エクアドル・ガラパゴス諸島の一つ、ピンタ島で発見された世界で1匹しかいない珍種のゾウガメ「ロンサム(独りぼっちの)ジョージ」には、「親類」がいたことが分かった。米エール大などの国際研究チームが30日までに、隣のイサベラ島に生息する近縁種のゾウガメの遺伝情報を調査したところ、両種の交雑種とみられる雄を発見した。
 イサベラ島の近縁種は1000~2000匹いると推定される。調査を進めれば交雑種の雌も見つかる可能性があり、絶滅を避けられるかもしれないという。論文は米科学誌カレント・バイオロジーに掲載される。

現存1匹のみってのは種としてどうなのか・・ね。

ReBlog

名前に“日本”が付いている丹頂鶴を国鳥にするのは反対アル!
(特定アジアニュース)

 中国政府が丹頂鶴を中国を代表する国鳥としようとすると、中国ネチズンの間で反対する声が荒い、と香港文匯報が24日紹介した。

 丹頂鶴は、英文学名が『Japanese Crane』、ラテン語学名が『Grus japonensis』で事実上日本の鳥ということが反対主張の要旨だ。

まぁ、おそらくは存在しないとは思うけれど、ある程度は知られている国の名前が入った鳥を日本の国鳥としようと言われたら、おいおい・・とは思うだろうが、今回の件は丹頂鶴に決まった経緯がおもしろい。

タンチョウは、日本の特別天然記念物に指定されているが、中国でも黒竜江省や吉林省などに生息。国家林業局などが2003年に始めた国鳥選定作業は04年5-6月のネット投票で500万の応募があり、タンチョウは64.9%の支持を得て、候補となった10種類の鳥類のトップとなった。

500万の64.9%て・・・324.5万人がもの人が支持したのにね。おそらく投票当時は学名なんて知られてなかったんだろうけどね。

かく言う自分も丹頂鶴の学名が『Japanese Crane』だという事を初めて知りました;;

ReBlog

にゃんこアタック
(今日もにゃんこに負け決定) 情報源:[>>nni’s blog]

やったやった。家にネコが居たときは同じような事やってネコと遊んでたよw

にしても、ネコはかわいいね・・・癒されるね・・・これで一週間がんばれるよ。

ReBlog

19年ぶり発見の娘…半分野生化 カンボジア
(Yahoo!ニュース – 産経新聞)

【バンコク=岩田智雄】カンボジア北東部のラタナキリ州で19年前に行方不明になっていた少女が18日までに無事に保護された。少女は現在27歳。言葉はほとんど話せず、与えられた衣服を脱いでしまうなど半分野生化した様子だという。 

 AP通信によると、この女性はロチョム・プニンさん。1988年、8歳のときに家畜の水牛の群れを追ったまま行方不明になった。同州の村で最近、弁当箱から食べ物がなくなる被害が相次ぎ、村人が付近で張り込んでいたところ、米を盗もうとした女性を発見。父親が腕に残った傷跡で、行方不明となった娘と確認した。

 父親は娘の様子を「かがんで歩く姿勢がサルのように変わっており、骨と皮しかない。目はトラのように赤い」と話している。

8歳というと多少なりとも物心がついてる頃だろうに、そこから19年もよく野生で生きていたな。

なんか「オオカミに育てられた少女」ってのを思い出すね。
作り話の可能性が高いらしいけど。
[>>アマラとカマラ – Wikipedia]