コードギアス 反逆のルルーシュ R2 #21-22

2017/05/12

#21 ラグナレク の 接続

うーん。難しい。
人の無意識集合体が神で、人が一人一人持っている意識は仮面を被っているもので、その仮面を外すことで無意識集合体と個々の意識を繋げる事が「ラグナレクの接続」。
それが成れば全ての人がすべての人と繋がり、すべての人の事が理解でき、争いなどの無い世界が出来る。 っていうのがシャルル&マリアンヌの目的。
そうなると自分と他人との境界が薄くなって世界という共通認識の中に取り込まれるって事なのかなぁ。
別作品の例だと、エヴァンゲリオンのサードインパクト後の赤い海状態とか。

結局は自分が好きなだけのシャルル&マリアンヌに対し、右目にもギアスの紋章があらわれ「命令」ではなく、「願い」として集合無意識に神に、全人類に、そして自分に思いをぶつけることで集合虫意識を動かしラグナレクの接続を止めさせたルルーシュ。
そして世界から拒絶されたシャルルとマリアンヌは消え去る結果に。

で、いきなり「一ヶ月後」。
1ヶ月というそれなりの期間がありつつもなんの変化もない黒の騎士団組;;

皇帝陛下から重大な発表があるという席で颯爽と現れ玉座に着くルルーシュ。

私が第九十九代ブリタニア皇帝

ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアです

穏やかに諭すオデュッセウス殿下に、前の皇帝は自分が殺したから次の皇帝には自分がなると事も無げに話し、皇帝の騎士としてラウンズ・ゼロを設けそこへスザクを。
ようやくルルーシュとスザクが手を組む事になったのだが・・・なんだろうこの悪人顔;;

結局その場のブリタニアの面々にはギアスの力で強制的に自分を認めさせたわけなのだが、次からどうなるんだ?;;


#22 皇帝 ルルーシュ

最終局面に向けて最後の下準備。といった感じの回。

ギアスと使いまくってブリタニアの貴族制度を破壊し、財閥の解体、ナンバーズの解放。
ブリタニアの国というか文化を破壊する勢いで事を進めるルルーシュ。

ルルーシュとスザクの最終的な目的はどこなんだろうねぇ。
「ゼロレクイエムのために」
とは言ってはいるが、そのゼロレクイエムとはなんぞや・・・。
「ゼロ」なルルーシュ、「ナイト・オブ・ゼロ」なスザク。どちらも「ゼロ」な冠があるために双方に関係するのは想像できるのだが・・。

ブリタニアが超合衆国へ加盟するためにアッシュフォード学園へ向かうルルーシュとC.C.。
畿内で

ルルーシュ:こちらはお願いしに行く立場だ。民主主義に参加させて欲しい。とな。
C.C.:へぇ
ルルーシュ:みんな好きだろ?『民主主義』。

久しぶりに見た悪ーい二人w
ルルーシュが皇帝になってからは鬱ぎ込んだ表情ばかりのC.C.だったので、いつもの表情が見れると嬉しい。

超合衆国との会議場までの案内役はカレン。
「生きろ」といって逃したカレンに対してもブリタニアの皇帝としての仮面を被って応対するルルーシュ。
案内途中の二人きりになったときに、ルルーシュと気持ちを確かめようといつになく多くの言葉を使って思いを吐露するカレンではあったが、ルルーシュの反応は沈黙。

カレンがルルーシュにキスをして

カレン:さよなら、ルルーシュ

カレンには聞こえないように

ルルーシュ:さようなら、カレン

んー、切ない。
それにしてもルルーシュがキスするときって大抵が別れの時だよなぁ。シャーリーといい、C.C.といい、カレンといい;;

シュナイゼルの先手を打つために超合衆国への参加を進めていたルルーシュではあったが、シュナイゼルはさらにその先をいき、フレア弾頭を全て回収し、天空要塞ダモクレスを伴って表に出てきたシュナイゼル。

ルルーシュ:ブリタニア皇帝に弓を引く、と?
シュナイゼル:残念だが私は君を皇帝と認めていない
ルルーシュ:なるほど、皇帝にふさわしいのは自分だと?
シュナイゼル:違うな、間違っているよルルーシュ。ブリタニアの皇帝にふさわしいのは・・・・・・・・彼女だ。

ナナリー登場!

やっぱり生きてたよナナリー。
しかもシュナイゼル側に着くかぁ。

ナナリー:お兄様、スザクさん、私はお二人の・・敵です

本当、シュナイゼルの真意がまったく想像できないのが怖いです。
残り数話で本当に決着がつくのだろうか;;