[novel] 僕は友達が少ない (3) (booklog)

ライトノベルbooklog,ライトノベル,電子書籍

電子書籍版の再読

隣人部夏休みの巻。
星奈の父親によろしく頼むと言われたり、髪と母のエピソードを話したり、別荘であんなこんながあったりで着実に星奈のフラグを立ててる小鷹。

このままいくのかと思いきやラストで夜空と小鷹の関係に新事実が。

といった感じで隣人部内での人間関係はぐるぐる動いてる感じであるけれど、コメディとしての話のオチがちょいと微妙な感じ。
どのキャラも残念なことは残念なんだが、マンネリ化しつつあるのが問題なのかなー

・文庫版
[ 僕は友達が少ない 3 (MF文庫J)についてのけんのさんのレビュー – ブクログ ]