[ネコ] ネコを飼うと心臓発作を起こす確率が減少する

ReBlogサイエンス,動物

ネコを飼うと心臓発作を起こす確率が減少する、米国研究機関
(Technobahn)

研究グループでは心臓疾患の場合、長期間に渡る精神的ストレスが血管に悪影響を及ぼし、それが原因の一つとなって心臓発作などに至ることが知られている、とした上で、ネコなどもペットを飼うことによって精神的ストレスが解消されるなどの良い影響を人に与えてきたことが、今回の結果につながったのではないか、と述べている。

 その上で、ネコなどのペットを飼うことは安上がりの心臓病予防につながると結論付けている。

 ただし、犬を飼っている人は飼っていない人に対して明確な心臓疾患発症率の減少の結果は見られなかったとも述べており、他のペット動物の効果に関しては今のところ不明だ。

最近、撫でさせてもらえるネコになかなか出会わないため、ネコ分が不足しております。