[民主] 大阪市長選で恥をさらした小沢一郎

2008/05/19ReBlog政治・行政

大阪市長選で恥をさらした小沢一郎
(依存症の独り言)

つまり、新テロ対策特別措置法は大事な法案ではない。国会本会議より府知事選挙の方が大事。自分は一議員としては本会議に参加しなければならないが、党首としての優先順位がある。だから批判は理解できない。総理大臣や国務大臣だって本会議を欠席することがあるのに、自分だけを批判するのはマスコミの官尊民卑―こう言っているのだ。

国会議員にとって本会議より大事な仕事ってあるのか?
本会議出席は国会議員にとって「使命」ではないのか?
党首としての仕事の方が本会議より優先順位が高いのか?
総理大臣や国務大臣は公務が理由、選挙応援は公務か?
俺の方が忙しい。その俺を批判するのは官尊民卑?

まったくのジコチュー発言。選良としての自覚ゼロ。「批判は理解できない」「俺を批判するのは官尊民卑」と言うにいたっては、もう厚顔無恥でしかない。
民主党は議員に「禁足」をかけていたではないか!それだけ党として重要な法案だったということではないのか!
まさに小沢一郎!その本領発揮、というところか。「子供のようにすねる」とは、このことだろう。

こんなのしか党首にできない民主は・・・近いうちに崩壊するんだろうなぁ。