Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kenno/www/sideblue/wp-includes/post-template.php on line 293

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kenno/www/sideblue/wp-includes/post-template.php on line 293

[教育] 「質量保存」理解5割

2008/07/29

「質量保存」理解5割 小中理科学力調査 実験好きも考察は苦手
((産経新聞) – goo ニュース)

小、中学生を対象にした理科の学力調査(特定課題調査)の結果が27日文部科学省から公表された。ビデオ映像などを使って実験・観察の問題を出題。食塩を水に溶かす実験で「質量保存の法則」の理解度を試す問題は小中とも正答率が50%台と低いほか、実験方法を考え結果を予想するのが苦手な子供像が浮かんだ。8割以上が理科の実験を好きと回答しているが、電気製品のしくみを自分で調べたいと答えた中学生は5割にとどまった。

 調査は小学5年3284人、中学2年3196人を対象に国立教育政策研究所が平成18年1~2月に実施。うち小中学校各10校では実際に電気回路をつくる問題も行った。

 質量保存の法則の問題は小5と中2で同じ問題を出題。水100グラムに食塩20グラムを溶かしてできた食塩水の重さと、なぜそうなるか理由を記述させたが、120グラムと正答し、溶けても食塩の重さは変わらないなどと答えられたのは小5で57%。中2の正答率は54%と小学生よりも低かった。

 誤答では、溶けると「(食塩が)なくなる」などがあった。

ぉぃぉぃぉぃ・・・・大丈夫かよ。