[社保丁] 社保庁誤入力の主犯

2009/09/10

社保庁誤入力の主犯は「カナ変換ソフト」か
(ITmedia News)

30年近く前、社会保険庁が年金記録の氏名のカタカナ管理を導入した際、漢字の読みをカタカナ変換する「漢字カナ変換辞書」を開発・使用し、勝手な読み仮名をコンピューターに入力していたという。

はいはい。今度はコンピュータの変換辞書のせいですか。

当時は現在のように人名辞書が発達してる訳でないのでとても大変な作業だったことは想像に堅くないけれど、最終的なチェックを怠った職員がすべての原因じゃん。
なんだかんだ言い訳を考えて自分に降りかかる責任から逃れよう、逃れようとする様が頭に浮かんで気持ち悪い。