映像コンテンツ

先日シーズン4のブログ記事を書いたばかりですが、ハイペースでシーズン5の視聴完了。

レッド・ジョンに繋がる人物、ローレライを逮捕したところから始まるシーズン5。
ローレライのとの話のなかで、レッド・ジョンに繋がる大きなヒントを得たジェーンではあったが、最後には….。

レッド・ジョンに関わるエピソード以外は単発で終わることがほとんどだけれど、複数話に跨がるエピソードとして ヴォルカーとリズボンとの戦いの話が登場。

ヴォルカーはレッド・ジョン同様、自分で直接手を下すこなく、犯罪を犯していき、リズボンの操作の1歩先を進んでいくキャラクター。
CBIの内通者によってうまくリズボンの手を逃れてきたヴォルカーであったが、結局自分が直接動かざるえなくなって、逮捕という流れに。
この辺りはレッド・ジョンは徹底的に姿を現さないよねー。

チームの面々をみてみると、
リグスビーは前シーズン最後のミッション時の死の偽装を原因に弁護士のサラとは別れることに。
また、今シーズン中では父親とも死別してしまうことになってしまって、状況の変化が激しい一人。ラジオ番組を経てまたグレースとくっついてみたりね。

チョウは・・・安定のチョウでした。前シーズンで別れた情報屋のサマーは妊娠してて別の男性と結婚間近。
事件に巻き込まれたサマーを助けるために奮闘するチョウは情のチョウですな。

ラローシュのタッパーの中身に関しては前回に登場した時も今回も明確には描写されず。
けれど、ラストシーンの感じから「母親をレイプした犯人の舌」じゃないかなーと推測。
確かにそれなら皆ドン引きするよな・・・。

さて、さらに超人めいた存在となったレッド・ジョンにどう立ち向かうのか。シーズン6も楽しみです。

映像コンテンツ

先日シーズン3を見終わったばかりなのに、ハイペースでシーズン4まで視聴完了。

レッド・ジョンを殺したはずが・・・・から始まるシーズン4だけど、本シーズンはチームスタッフを掘り下げる話が多かったね。

リズボンの弟が出てきたり、
チョウの人情深いところが多々登場したり、
リグスビーには子供ができたり、
ヴァンペルトは殺してしまったフィアンセの件を乗り越えたり・・・。

常に先行くレッド・ジョンってなんなんだろうね。
なんかもう一個人じゃなくて、概念のような存在ではないかと思い始めてる。

続きが気になるので、シーズン5も結構な勢いで見てますw

映像コンテンツ

スローペースで見ていた海外ドラマの「THE MENTALIST」をシーズン3まで視聴完了。

長編の海外ドラマは中だるみすることが多々あるのだが、この作品は主人公のジェーンだけでなく、チームのスタッフも個性的で、それぞれ掘り下げて話が展開していくので、飽きずに見れました。

シーズン3の最後ではついに、レッド・ジョンとの対面。衝撃的な最後ではあるのだが・・・この後どうやって話が進んでいくのだろうか。

映像コンテンツ

しばらくAmazonプライム・ビデオで海外ドラマを見る機会が減ってきてたのですが、最近また何か見てみようかなー と思い立ちチョイスしたのが「メンタリスト」。

カリフォルニア州捜査局(通称・CBI)の犯罪コンサルタント、パトリック・ジェーン。青い瞳と爽やかな笑顔が似合うイケメンだが、元詐欺師で以前は自身を霊能者(サイキック)と偽り活躍していた。妻と娘を殺した宿敵レッド・ジョンを追うため、CBIのコンサルタントとなり、人間心理を巧みに操る観察眼と推理力を持つ「メンタリスト」として型破りな捜査で犯人を追う。

現在シーズン1を見終わったところ。
全シーズン7まであり、今のところ全シーズンプライムで視聴が可能です。

大雑把に言うと刑事ドラマのですが、主人公のジェーンの観察力と推理力で思わぬヒントから事件を解決していく様は爽快感があって面白い。
日本のドラマでいうと古畑任三郎が近いぽい。
(古畑も途中のいくつかしか見たことがないので機会があれば見て見たいなぁ)

[ THE MENTALIST シーズン1 (字幕版) – Amazon PrimeVideo ]

映像コンテンツ


[ユーリカ 〜事件です!カーター保安官〜 – Wikipedia ]

アメリカ合衆国太平洋北西部の街、ユーリカ(オレゴン州)は、全米から優秀な人材を結集させた街である。このため、この街の住人のほとんどはグローバル・ダイナミックス研究所(以下、GD研究所とする)に勤務する優秀な科学者とその家族、関係者であり、過去50年間の主だった技術革新の発展の全てに、GD研究所で行われている先進的な研究が関与していた。このため、この研究所の存在は政府により極秘とされ、ひいては、ユーリカという街自体が地図に載らない街となっている。

ある日、連邦保安官のジャック・カーターは家出娘のゾーイを移送中、ユーリカに迷い込んでしまった。車の故障もあり、数日の間、ユーリカに滞在することとなったカーター保安官は、一見普通でのどかな田舎町に見えるユーリカのおかしさに気づく。そして、GD研究所の存在を知らされたカーター保安官は、滞在中に巻き起こった異常事態を見事に解決した。そんなカーター保安官に、ユーリカ保安官事務所への転属が命じられた。

Amazonプライムビデオでシーズン5まで配信中。

シーズン3まで視聴完了。
SF要素の多めのコメディあり、シリアスあり、恋愛要素もありのドラマ。

SFに関してはとんども科学ではあるけれど、キャスト陣の演技がよいのでそれっぽく見えるのも不思議。

シーズン3まで見てて、シーズン1が一番面白かったけれど、残りのシーズン4,5も楽しみに見てみよう。