May’n

[CD] 「娘トラ。」デイリーランキング一位

アルバム デイリーランキング-ORICON STYLE ランキング

10/8発売のマクロスフロンティアのサントラ第二弾「娘トラ。」が、デイリーランキング

オリコンデイリーランキング

一位ですよ!!

おめでとー

前のサントラの時は何位だったんだっけ? 覚えてないや。
シングルのライオンが3位だったってのはエントリ書いたんだけれど…

まぁ、なにはともあれ、おめでとう~

[ [CD] 娘(にゃん)トラ。 (菅野よう子) | タラコクチベニ ]

[tmkm-amazon]B001DETGV6[/tmkm-amazon]

[CD] 娘(にゃん)トラ。 (菅野よう子)

き~みは誰とキスをする?

わたし?それとも あたし?

もちろん購入。

1. Prologue F
2. ノーザンクロス
3. トライアングラー(fight on stage)
4. High School Life
5. トランスフォーメーション
6. アナタノオト
7. Test Flight Delight
8. 星間飛行
9. イヌミミランカ
10. 妖精
11. 追憶のトランペット
12. 真空のダイアモンドクレバス
13. 愛・おぼえていますか ~bless the little queen
14. 蒼のエーテル
15. is this LOVE?
16. shadow of Michael
17. アイモ O.C.
18. Battle Frontier
19. 娘々サービスメドレー
20. プロトカルチュア

1枚目の同様、サントラなのに半分はヴォーカルという、ヴォーカル曲てんこ盛りな一枚。

最終回で流れた各曲メドレーや、シェリル&ランカバージョンのトライアングラーなど、作中のアレンジ曲も余すことなく収録されてる。
作中ではちょこっとしか流れなかった「妖精」もフルで聞けた。
ちょっと切ない自分に語りかけるような中盤以降のシェリルに合った曲だよね。

一通り作中の曲は出そろった訳だけれど、個人的に今まで聞いたマクロスフロンティアの歌で一番評価する一曲は「ダイアモンド・クレバス」だったり。
当初シングルが出た時は「むしろ『射手座』の方がメインなんじゃね?」と思ってたりしたのだけれど、何度も聞いて、アニメを見続けて、そして今回「真空のダイアモンドクレバス」と新バージョンが出て、なんかスルメの様にジワジワ自分の中で評価が上がってきて、聞き入る一曲になってしまったw

あとは劇場版が出るまでは新曲など出ないのかな?

何はともあれ、1枚目の「娘フロ。」共々オススメの一枚です。

[tmkm-amazon]B001DETGV6[/tmkm-amazon]

マクロスFrontier #25

#25 アナタノオト

最終話。

最後だけに怒濤の決戦ですよ。

オズマ:これ以上貴様らの好きにはさせん…ランカも…ヴァジュラ達も!

フロンティア軍が苦戦しているところにフォールドジャンプでマクロス・クォーターも参戦。

前回最後に爆散したと思ったアルトだが、爆散前に脱出してて無事だった模様。

クラン:さぁ、受け取れアルト! 貴様の機体だ!

ゼントラン状態での機体は破壊されてしまったので、マイクロン化してミシェルの機体に乗って戦線復帰なクラン大尉。

アルト:シェリル…お前の歌でランカの目を覚ましてやってくれ!
シェリル:歌で…
アルト:ああ、お前の歌で!

まずはノーザン・クロス。

アルト:思わざれば花なり…思えば花ならざりき…ただ感じるままに…俺は…飛ぶっ!!

飛行機を模した手とVF-25と連動し、READYの文字と同時にノーザン・クロスの曲に乗って飛び立つ演出は燃えるねぇ。

クラン:ミシェル……私に、力をっ!

ミシェル機に乗った時点で少し予想はしてたが、ミシェル張りのスナイパーテクニックを披露するクラン大尉。
ルカも機体のリミッターを外す。

シェリルの振り付けもエンディングやMay’nのを模してクロスの部分も再現されているし、言うことないね。


グレイス:ああぁ…つながったぁ…

しかしグレイスの計画はついに完成へ。
クイーンとつながる事で神格化し、桁違いのフォールド波で銀河中のネットワークを張り巡らせ、ヴァジュラを操り、銀河中の星がヴァジュラに襲わせるグレイス。
その存在は次元断層で攻撃は全く通用しない絶望的な状況。

シェリル:ごめんね…ランカちゃん…アルト

髪の毛がピンクから灰色に…V型感染症が行き着く所まで行ってしまったという事なのかな…



そんな中聞こえてきたのがランカの 「アナタノオト」。

ブレラ:さあ、歌うんだランカ。…悲しみも怒りも喜びも、想いの全てを歌に乗せて!
ランカ:お兄ちゃん!

ブレラも被弾したことで正気にもどり、全ての想いを歌に乗せた本当のランカの歌声がヴァジュラの動きを止めて形勢を逆転!

ランカ:立って…シェリルさん
シェリル:私の仕事は終わった…何も残ってないの…何も
ランカ:バカァ!

泣き言をいうシェリルにビンタ一発のランカ。最終回です。なんでもやりますw

ランカ:思い出して…シェリルさんが、シェリルさんが居たから、あたしは飛べたの! シェリルさんが力をくれたからアルト君も飛べたの! だから…
アルト:シェリル…お前言ったろ? 絶対諦めないって! 俺は諦めてないぜ。だから…だから来いよシェリル!
アルト:お前が…お前達が、俺の翼だ!

結局どっちつかずの、両方取りかよ!アルト!!w
確かにこの状況でどちらかを選ぶなんて事はできないし、前回の『人は一人じゃ飛べない。飛んじゃいけないんだ』の台詞にも繋がるので良い流れなのだが…ねぇ?w

ランカ:だから、もう一度飛ぼう? シェリルさん!
シェリル:ランカちゃん…アルト…

なんか無理矢理にシェリルの脳まで達してた細菌がお腹で収束し、銀河の上で手を重ねる三人。
トライアングラーのOPのようにランカとシェリルが飛翔し、そして光に包まれるVF-25。
ここからは怒濤のシェリル&ランカonstage。 まずはライオン。

艦長:己が翼に誇りを持つ者よ…我と共に進め-!

艦長は相変わらずあふれるカリスマでカッコイイなぁ

唄はこれでもかというほどのデュエットメドレーてんこ盛り。
ライオン、インフィニティ、私の彼はパイロット、ダイアモンド・クレバス、星間飛行にWhat ‘bout my star?、そしてまたライオン
と出し惜しみなくここぞとばかりに!



ヴァジュラが次元断層に突破口を開いてくれる。

オズマ:行けっ!アルト!
ルカ:僕たちの希望を!
クラン:アルト!お前に託す!

それぞれの想いと、クランはスナイパーライフルを託す事でミシェルの想いをも…

アルト:ミシェル……行くぜぇぇぇぇ!!!

アツイ!燃える!この辺はロボットアニメの醍醐味だね。


ブレラ:どこまで行っても人は独りだ
グレイス:だから、我らは!
ブレラ:だけど!
アルト:独りだからこそ!……誰かを愛せるんだぁぁぁ!!!

スナイパーライフルで、グレイスをついに撃破。
それによって銀河各地を襲っていたヴァジュラも次々を戻って、危機を脱出。



アイモの流れるヴァジュラの母星。

ボビー:ヴァジュラがコミュニケーションを必要としない生き物なら、この唄…なんだったんでしょうね
ランカ:あれは…あの唄は
(ランカ母):あれは、恋の唄よ。
(ランカ母):ヴァジュラが何万年…いや何億年かで一度他の銀河で住む群れに出会い、交配するために歌う、恋の唄よ。
(ランカ母):アイモ、アイモ、…あなた、あなたって。

ヴァジュラの形態に似合わない、なんてロマンチックな…。
『超銀河ラブストーリー』ってキャッチフレーズはヴァジュラにも係っていたんだねぇ。



ヴァジュラの母星に降り立ちお互いの無事を確認するシェリルとランカ。
飛んでいるアルトを確認して

シェリル・ランカ:『アルト(くん)』!! …うっ。

早くも乙女の戦いは始まっておりますw

アルト:これが空…シェリルとランカが拓いてくれた、本物の空!

シェリルとランカをほったらかしにして飛ぶのに夢中なアルト

シェリル:バカが飛んでいくわ…
ランカ:あの、シェリルさん…あたし負けません!歌も!恋も!
シェリル:受けて立つわ

これからが本当の乙女の戦い。
…問題の男はそっちのけで空を満喫してる訳だがw

最後はシェリル&ランカバージョンの トライアングラーで。

君は誰とキスをする? 私? それともあたし?

ヴァジュラとの折り合いもあるとは思うが、とりあえず人類は新たなフロンティアに降り立つ って事で終了。

で、劇場版マクロスFが始動!
アフターストーリーになるのか、総集編になるのかまだ分からないが、公開を楽しみにしてます。



総評としては、途中の展開に多少、ん?な箇所はあったものの、それを吹き飛ばすエンターテイメント性がありました。
歌もその一つとして、ボリューム・質とも格段にレベルが高かった。
特にMay’nさんに関してはマクロスFが終了したとしても、一アーティストとして応援していこうと思います。

[CD] ライオン初日デイリーチャート3位

May’n/中島愛が初日3位、らき☆すたOP超えも狙える初日に!
(The Natsu Style)

オリコンシングルデイリーチャート火曜付では新譜が登場。出す曲全てがトップ10入りと好調な、アニメ「マクロスF」から新作が登場。同アニメのOPとEDが同時収録されたMay’n/中島愛「ライオン」が、初日のデイリーチャートで初登場3位を記録した。
注目の指数は11715。これは、ランカ・リー=中島愛「星間飛行」のスタートの2倍以上の勢いとなる。

好調に売れてるようですね。

Amazonで注文してるのですが・・・「まもなく発送します」のままです;;

そして「ライオン」がシェリルとランカの曲ではなく、May’nと中島愛 の曲ってのを初めて知ったよ;;

[tmkm-amazon]B001AKCYOY[/tmkm-amazon]



個人的にはシェリルの What ‘bout my star? をシングルカットで聞きたいなぁ。
娘フロ。にある Sheryl on stage でしかないから単独の曲として欲しい。

マクロスFrontier #16、17

#16 ランカ・アタック
#17 グッバイ・シスター

#16
「ミンメイ・アタック」とか過去作品のオマージュが多いねぇ。

アイモのアレンジは・・・・アレでいいのかねぇ。
ちょっと重すぎな気がしないでもない;;

オーナーのしている指輪の石や、シェリルのしているイヤリングの石は大きな秘密をもってそう。
シェリルはそのイヤリングを形見だと前に言っていたような気がするがシェリルが持つことになった経緯もなんか裏がありそうな気がしないでもない。

エンディングが「ノーザンクロス」に変更。
ダイアモンド・クレバスが「静」に対しノーザンクロスは「動」な感じでシェリルの気持ちを表現した曲。
裏で振り付けしてるのはMay’nさん本人かな。 ライブでも同じような振り付けをみたしね。



#17
オープニングが全くの別番組のようなランカ仕様の「星間飛行」。
いつかの「ねこ曜日」のエンディング同様、1回限りかとは思うがもったいないクオリティだ。
DVD/Blu-rayの映像特典にフルバージョンで収録されたりしないのかなぁ。

内容オズマがメインの話で所々ハードボイルドな歌も。
この辺りの曲の雰囲気はなんとなくCOWBOY BEBOPを思い出す。・・・Blu-rayでCOWBOY BEBOPを出してくれないかなぁ。
制作がBlu-rayを精力的に出しているバンダイビジュアルのはずなので可能性としては有りかとは思うけれど・・。

ランカの幼き頃を回想してみたり、ミサイルや反応弾の効かなくなったヴァジュラにナイフで特攻してみたり、怪我したままでランカのライブに来て腹から血を流しつつ気絶したりと死亡フラグがこれでもかっと立っていたオズマではあるが

・・・生きてたよw

そんな話で今回はシェリルの出番は皆無。次回はシェリルの話になりそうではあるが。

あと今回の見所の一つとしてクランクランのツンデレっぷりも挙げておきますw