音楽

先日、スペースクラフトより、Kalafinaの解散が発表されました。されてしまいました。
昨年に梶浦さんがスペースクラフトから独立してから、活動休止状態でしたし、致し方ない部分はあるとは思いますが、非常に残念です。

[Kalafina解散のお知らせにつきまして | FictionJunction ]

梶浦さんの音楽に、Keiko,Wakana,Hikaru の3人のハーモニーに独特の世界観が広がっていて魅力的なぐるーぷだっただけに1ファンとして残念な思いですが、これまでのコンテンツを愛でつつ、これからの各人の活躍を応援していきたいと思います。

先日の犬フェスでのSee-Saw の一夜限りの復活のように、いつか何かのイベントでKalafina復活とともに3人のハーモニーが聴けることを楽しみにして。

音楽


好きなアーティストの楽曲チョイス その3弾。

梶浦由記さんプロデュースのコーラスがとても素晴らしい女性3人ユニットの「Kalafina」から10曲チョイス。

  • oblivious
  • sprinter
  • Kyrie
  • 光の旋律
  • Lacrimosa
  • 音楽
  • in your eyes
  • 胸の行方
  • 夏の林檎
  • アレルヤ

10曲チョイスはほんっとに悩んだ。

2枚出ているベストアルバムはホントベストなので気になっている方はぜひとも。

音楽

Skitterphoto / Pixabay

自分の音楽を聴く傾向としては、気に入った曲があればそのアーティストの他の曲もあれこれ聞いてみたくなるタイプ。
それらのアーティストの最初の「もっと他の曲も聞いてみたい」と琴線に触れた一曲をなんとなくまとめてみた。

雑記

2013-1231_snow
あらやだ、もう大晦日ですってよ。

そんな時期ですし今年を振り返ってみると….なんか毎年言ってるような気がする「積み(ゲーム&ラノベ&BDコンテンツ)を消化する」がまったくされてない。むしろ増えてる感じもします。

同じ「積み」ではあるけれど、今年はデジタルコンテンツを購入したのが多かったと思う。
BDコンテンツは名の通りブルーレイディスクなので現物円盤100%だけど、ゲームは半分くらいはダウンロード版、ラノベに関してはソードアートオンライン、アクセルワールド、化物語以外は全てデジタルコンテンツ…電子書籍での購入でした。
先の三作品も電子書籍で出るのであれば完全に自分のラノベ環境は電子書籍へ移動ですな。

その他の事柄で昨年と大きく違うのは毎月のように行っていた各アーティストのライブイベントへの参加を自重したことでしょうか。
決して飽きた訳ではないのですが、生活と直結するリアルお仕事のほうでいろいろ変化があって休みを取れるタイミングが難しかったり土日も出勤こともたびたびあって、せっかく取ったチケットも無駄になることが何度か続いたので、あまりその辺りの情報を意図的に集めないようにしてました。
弊害としてファンのはずがそのアーティストに関して疎くなってしまったという;;
May’n部長やKalafinaの最近の曲わかんないよ;;
ライブBDを見てごまかしてはいるけれど、やっぱり好きなアーティストのライブには行きたいよ。
来年は全部と言わずとも適宜ライブへ参加していきたいですな。


ガジェット関連ではiPadの購入が思いのほか大きかった。
元は仕事で使う機会があって予想外に面白い端末だったので自分でも購入。
まだまだ使いこなしてるとは言えないので、もっとガシガシ利用していきたいですな。
とりあえずブログを書く環境をiPadで完結させたいと思う。

このエントリはiPadで書いてるけれど微妙に手がとどかいない部分があるのよねー。
あとiPad版のChromeで拡張やChromeアプリが使えないのがイタイのよね。
他サイトへのリンクデータ取得がPCではボタン一つだったのがiPadではえらい手間がかかるのよね。
何かうまい方法があればいいんだけどねー。

そんなこんなでいろいろあった2013年でした。来年もいろいろありそうですが、マイペースでやって行こうと思います。はい。

それでは皆様、よいお年を。

音楽

Neowingにて梶浦由記、Kalafinaのライブパンフの電子書籍版が先行配信。

YK - Kalafina

地味に使っているネットショップなだけにちょっとうれしい。
[ 梶浦由記・Kalafina電子書籍 – Neowing電子書籍ストア ]

既に持っているパンフもいくつか….というかほとんどだが、とりあえず買っておこう。
Neowingのポイントもそれなりに貯まっていることだし。



Kalafinaの単独ライブで初めて行ったのがRedMoonだったよなぁ・・。多分横浜BLITZだった気がする。