[Mac] Mac OS Sierra リリース

Mac OS 10.12 Sierra
Mac OS 10.12 Sierra が日本時間の9月21日にリリースされました。

macOS – Apple(日本)

まとまった情報は APPL CH.さんで。
macOS Sierraへアップグレードする前の注意点まとめ。 | AAPL Ch.

Apple、音声アシスタントSiriやPinP、Apple Watchによる自動ロック解除機能などを搭載した「macOS Sierra」を公開。 | AAPL Ch.

Macos Sierra | AAPL Ch.

自分の使っている Mac Book Air は Early 2015 モデルなので余裕で対象ではあるが、ちょっと様子見。
お仕事で利用してる部分があるので、万が一使えなくなってしまうと困るので、そちらが落ち着いてからね。

[PS4] ガレッガナイト (2016/9/10)

Youtubeにゲーセンミカド主催のトークイベント「ガレッガナイト」が配信されてたことを先ほど見かけて、ついつい見入ってしまった。

第一部はPS4版移植担当のエムツーの社長やディレクター等のスタッフを交えたトークイベント。
PS4版のこれでもかという移植のこだわりの発表と、PS4版の初公開。
これまで内部のデータだったランク等々のデータが視覚化されるM2ガジェットすげぇな。
実機プレイを元団長さんが担当し、1号機にて1クレジットクリア。アーケード版との差異なんかまったく感じず、ふつーに元団長さんのプレイを見て楽しんでました。

後半はプレミア版の紹介。
設定資料とインタビュー記事のブックレットがこれでもかと、全部つぎ込んで大型&豪華版に。

収録されるサントラは並木学さんのリミックス・・というリビジョン。
当時の環境からスレテオ可&PCM音源を追加して作成しているとのこと。このあたりは第2部のサントラ系トークで話されてました。

第2部のサントラ系は最初からスーパースィープの担当方が・・・・そうついに単独サントラ化!!
これまで攻略ビデオやDVDのおまけ、そしてSS版のメディアをなんちゃってサントラしかなかったが、ついにサントラ化する模様。
スーパースィープということで当然細江慎治さんも登場し、細江さんチョイスのミキサーの方でアレンジリミックスを行っている模様。

ガレッガのサントラ化はPS4版移植とは別で動いていた企画のようで、PS4版のゲームにスィープ版のリミックス楽曲が入るのはスケジュール的に難しかったらしいが、ワンチャンで入るかも。
・・・ってことをトークイベント会場で商談してました。

PS4版ガレッガの音楽はオリジナル版にSS版に、並木さんのRev2016版に、スィープREMIX版もとか、どんだけ贅沢なんだ・・・ありがとうございます。
もし間に合わなかったらDLC配信も考えてるとのことなので期待大です。

すでにAMAZONにて予約済ではあるが、いやー楽しみだー

[ バトルガレッガ Rev.2016 / M2 Shot Triggers ]

M2の M2 Shot Triggers にはこれからも期待です。
最後にエムツーの堀江社長もぽろっと言っていましたが、エスプレイドは是非ともやってほしいw

[PS4] バトルガレッガ rev.2016 発表

l_57ced47caa077
[ 『バトルガレッガ Rev.2016』発表記念! 全一プレイヤーのT3-神威氏にインタビューしてみた – ファミ通.com ]

春くらいに、弾銃フィーヴァロンをPS4への移植を発表したエムツーより「M2 ShotTriggers」第一弾として「BATTLE GAREGGA」の移植が発表。
rev.2016としての付加要素としてランクの変化が視覚的にわかるような要素が加わる模様。

昨今ハムスターのアーケードアーカイブスで名作シューティングゲームが続々PS4へ移植されてたりして、いい流れです。
昔からヘタクソなので1クレジットクリアのできるタイトルは数少ないが、単純に80年代、90年代のアーケードシューティングゲームは面白いのが多いので嬉しい限り。

公式サイトも公開されました。
[ バトルガレッガ Rev.2016 / M2 Shot Triggers ]
サントラ等々特典のプレミア版の予約も始まっているみたいです。

[PS4] PlayStastion 4 PRO / Slim 年内発売

20160908_7000
日本時間の9/8深夜に行われた The PlayStation Meeting にて、かねてより噂のあった上位版のPS4とスリム版のPS4の発表がされました。

[ さらに進化した高品質なPS4®体験を提供する「プレイステーション 4 Pro」(CUH-7000シリーズ)発表 | PlayStation®.Blog ]

[ 小型・軽量化を実現した 新型「プレイステーション 4」(CUH-2000シリーズ)2016年9月より29,980円で発売 | PlayStation®.Blog ]

[ PlayStation®4用新型周辺機器を発表 | PlayStation®.Blog ]

プロ と スリム とでドル円レートが異なるのは、価格帯の低いスリムの方をより安くすることで、日本国内での普及を促進させようとしている意図が見て取れる。
米国では米国での価格作戦があるのだろうけれど。

4K や HDR に対応しているモニターを持っていないとPS4プロの恩恵は低いだろうが、既存のタイトルもフレームレートが安定するなどメリットも気になるところ。
その辺りの恩恵はPS VRにも影響するだろうから、購入うんぬんはPS VR次第だろうなぁ。

そもそも、まだPS VR の予約できてないし…。初回生産分はほぼほぼあきらめてるけれどね。

あと気になるところは新しいDualShock4。
有線接続で、これまでのBluetooth接続でわずかにあった入力遅延を解消できるとのこと。
発売日から使ってきたDS4もそろそろヘタれ気味なので、買い換えるにはちょうどいいかと思ってます。