PHP

[server] さくらのレンタルサーバ」標準PHPを PHP4 から PHP5 へ変更

さくらのレンタルサーバ」標準PHPを PHP4 から PHP5 へ変更
(SAKURA Internet)

「さくらのレンタルサーバ」スタンダード・プレミアムサービスにおきまして
2008年7月2日より、[標準のPHP]をPHP4からPHP5へ変更いたします。

と、いうことでさくらのレンタルサーバを使い、PHPで動作するWordpressを使用している当blogも影響あるわけで…。

ローカルのテスト環境ではPHP5で特にソース修正をすることなくWordpressが動作してるので問題ないかとは思いますが、万が一見られなくなったーって時は中の人が一生懸命対応するまでご了承ください…。

[>>WordPress | 日本語]

[PHP] PHP コード最適化 Best Practices 63+

PHP コード最適化 Best Practices 63+
(カタコト日記) from [>>everything is gone]

メモメモ。

14. @によるエラー制御はすんごく遅い。

これは先日検証記事があったね。

ざっと見てみて「はは~ん」と思うものは多々あったのだが

47. ループ処理には foreach を使おう。

これはちょっと意外だったなぁ。
使い勝手の良いものは何かしら裏があるっていうイメージがあるので、ループ関連は for とか while を使えよって書かれてると思ったのにw

それにしてもPHPはバッドノウハウの塊だなぁ・・・と思う今日この頃。

[PHP] 「@」でエラー抑制すると PHP が遅くなるという噂について

「@」でエラー抑制すると PHP が遅くなるという噂について
(a++ My RSS 管理人ブログ)

PHP では @ を付けることでエラーを回避できるという便利な記述方法があり、ものぐさな私などは

if (@$var[“foo”]) $result = $var[“foo”];

みたいなコードを書いてしまいます。

で、この処理が「遅い」という噂やツッコミを度々受けるので調べてみました。

検証の結果「@」でエラー処理したのと「isset」を使って判定するのを比べたら最大10倍ほどパフォーマンスが異なるようです。

自分も@を使って簡単に済ませてしまう事がままあるので、気をつけよう…。

[Develop] スクリプト言語開発のための統合環境

スクリプト言語開発のための統合環境
(hiromasa.zone :o))

PHP や JavaScript など、Web 系のスクリプト言語の開発環境の紹介です。 といっても、いつもの Eclipse ですが、時の流れとともに使うものが増えたりしたのでスクリーンショット交えて書いてみます。 前に書いていた記事も、ダウンロードリンクが古くなってしまったりしているので、最新化もかねています。 :-)

Eclipse は基本的に Java の開発環境ですが、さまざまなプラグインが開発されておりスクリプト系言語でも十二分に実力を発揮してくれます。

統合環境で開発を行うとなにが良いかというと、

1. 構文エラー系が事前に申告される。 コロンのうちそこないとか、ダブルコートのおかしな部分などが動作前に分かる。また、使われていない変数なども警告してくれる。
2. コードの操作で通常のテキストエディタでは不可能なジャンプができる。 関数の呼び先や定義などにキーひとつで飛べる。
3. コード管理にかんすることが統合環境で完結できる。 grep による全文検索や CVS、Subvertion などのバージョン管理システムなどが統合されている。
4. PHP や JavaScript、CSS、HTML また DB 操作などおおよそ考えられる編集が同一環境で可能。
5. デバッガーが使える。

特に、1番目のシンタックスチェックは大幅に作業効率をあげてくれます。

こういう総合環境はあこがれるのだけれど、普段は小さなシステムをいじっていることが多いのでテキストエディタでガリガリコードを書く方が手軽なのよね・・・。
後のデバックを考えるとこういったものを使った方が効率が良いのわかるのだけど、つい・・ねw

[>>FrontPage – EclipseWiki]