IT関連

IT関係全般

[iOS] iOS9リリース

2015-0917-ios9-image_large
iOSのメジャーアップデート iOS9 が9/17深夜より配信が始まっている模様。

[ iOS 9 – 新機能 – Apple(日本) ]

[ 「iOS 9」配信開始――iPadや内蔵アプリの機能拡張、行動予測など – ITmedia Mobile ]
[ まもまく配信!――「iOS 9」で進化したポイントをおさらい (1/2) – ITmedia Mobile ]

公開されている機能のなかで気になるのは
・メモ帳の機能アップ
・2つのアプリを同時に開ける SplitView
くらいかな。

ゲーム関連で未対応のアプリがまだ多数あるようだけれど、スマホ・タブレットではゲームをしないので通常利用する分には特に不具合は無いかな?

[ Apple、iOS 9を公開、100件超の脆弱性に対処 – ITmedia エンタープライズ ]


メモ帳

新しくなったメモ帳を使おうとしたら…
ファイル 2015-09-17 9 53 21

新しいスタイルのメモを見たりするなら iCloud のアップグレードが必要で、なおかつ端末は iOS9 か Mac OSX El Capitan が必要だとか。
うーん。自分のMac Book Air は OSX Yosemite で、まだアップデートする予定はないの iCloudのアップグレードは保留かな。


Slide Over / Split View

右側の画面外からスッとフリックすると
2015-0917-iOS9-1
Slide Overで表示できるアプリの一覧が出てきて、選択したアプリが
2015-0917-iOS9-2
表示され、操作可能となります。
さらにアプリの区切りの部分をぐぐっと中央へドラッグすると
2015-0917-iOS9-3
二つのアプリがアクティブとなる Split Viewモードになります。

追加で起動したアプリの上側に表示されているグレーのバーを下にフリックするとアプリ選択の一覧になり、表示するアプリを再選択ができます。

Slide Over と Split Viewの使い分けとしては
・Slide Over : ちょっと一時的に別のアプリを使いたい時。
・Split View : ガッツリ2つのアプリを使ってマルチタスクする時。
といった感じ。

触った感じなかなかスムーズでしたので、iPadでの作業はより捗りそうな気がします。



追記:その他気が付いたこと
2015-0917-iOS9-4
フォルダに表示されるアプリの数が 3×3の9個から 4×4の16個 に拡張されてた。

[Apple] Apple 9月の発表会

2015-0911-appleevent
毎年恒例となっているAppleの新作発表会が先日行われました。

[ Apple Events – Special Event September 2015 – Apple ]

そこで発表されたのが
・iPhone 6s
・iPad Pro
・Apple Watch (watch OS2)
・Apple TV
です。

まず、Apple Watchと Apple TVは興味がないので考慮外。
iPhoneについても普段使っているスマホは Android 端末なので興味は薄い。

で、大きく気になったのは iPad Pro なのだけれど・・・。
正直これって

Macbook (Air/Pro) でよくね?

と思うわけですよ。

iPad Pro と MacBook の大きな違いって
OS が 「iOS」 か 「MacOS」か。
画面タッチが 「できる」か「できない」か。
と思う。

ミーティングとかでMicrosoftの Surface Pro を使っている人がいて、確かに大きい画面のタブレットはいいかもなー。とは思うけれど、イマイチ「スゲー!ほしい!!」とはならないんだよね。

[ 「iPad Pro」の大きさや機能がよくわかる実機レビュームービーまとめ – GIGAZINE ]

後は iOS9 がどのようになるか。
Split View とかマルチタスクが捗る機能ではあるけれど基本的にiPad Proで使うためのOSなので iPad Airではどんな感じになるのか・・・。
人柱erの方々の様子をみてから iOS9 にするかどうか決めようと思います。

[Mac] 思考整理ツール (Scapple)

2015-0821-scapple-paper_to_digital-lg
考え事のメモとか会議のメモとかで、メモ帳ソフトやマインドマップソフトを利用してたけれど、他にもっといいのがないかなーとあれこれ探してて見つけたのが
「Scapple」という逆マインドマップようなアプリ。

通常マインドマップというと、一つの事柄について放射状に関連するキーワードやイメージをつなげて発想を広げるものですが、Scappleは逆に末端のキーワードを書きなぐって後から関連するキーワードを繋げて思考をまとめるツールです。

これがまた会議のメモ等にハマる仕様で、一応議題として元になるものはあるけれど、必ずしもその通りの話し合いになるのは極まれであちこちに飛んだり戻ったりする訳ですよ。
通常のメモ帳ソフトだとキーワードごとの関連付けが難しいし、マインドマップでは根に当たりそうなのが複数あると作りにくい。
Scappleだとその時の話の内容をぽちぽちメモっていって、ある程度のところで適当に関連付けていけば、あとから議事録をまとめる際にもやりやすかったりします。

メニュー等英語のソフトではりますが、ノートの作成は日本語もokです。

まだまだ使いきれてない部分はありますが、手放せないソフトの一つになりそうです。

[app 568020055]



[ [L] マインドマップより簡単!思考を投げ込むツール、Scapple | Lifehacking.jp ]
[ マインドマップ風の思考整理ツール「Scapple」を買ってみた ]
[ アプリ『Scapple』を100%使いこなすために必須なショートカットと初期設定 | あなたのスイッチを押すブログ ]

[ Literature and Latte – Scapple for Mac OS X and Windows ]
(公式サイトを見て初めて気が付きましたがWindows版もあるのね)

[Win10] Win7 から Win10 へアップグレード

windows10-wallpaper
何年前だろう・・・数年に前に購入したが、あんまり利用頻度の高くなかった Acer製 Aspire 5750 をWin10へ無償アップグレードしてみた。

スペック的には
CPU:Inetl i5-2410M 2.3GHz
MEM:4GB DDR3
VGA:Intel HD Graphics 3000
HDD:640GB
とあまり高くない。

インストール作業自体は、一度更新プログラムが一向に進まない状況に陥ったが、ディスククリーンナップを行うことでその後はすんなり通った。

操作感覚自体はWindows7時と比べて多少もっさりしてるかな?といった程度。

デフォルトブラウザのEdgeも使ってみたがふつーにブラウジングする分には可もなく不可もなく。
OneNoteとの連携はとてもスムーズなので、OneNoteを活用してる方にはとても良いんじゃないかな。と。
ただ、ブログ用とかでリンクの取得&成型のようなツールがまだ無いので、周辺のサポートツールが揃ってこないと未知数な部分があり。

ブラウザもそうだが、OSレベルについても今後のサポートツール次第の部分があり。
特にキーボード関連で個人的な趣向によりCtrlキーとCapsキーを入れかえて利用しており、Win7まではサポートツールで利用できたが、アップブレードでは引き継ぎはできなかった模様。
探してみればWindows10 でも動作するキー入れかえソフトがあるかもしれないけれど。

(KeySwap というソフトでできるみたい。 Windows10でCtrlとCapslock入替: asyuu@forest )

メニュー関連は大きく変わってきているので慣れが必要ではあるが、結局は「慣れ」なんですよね。
ファーストインプレッションとしてはWin8の時ほど「訳わかんねー??」てことが無かったので良い印象はあります。

部屋の片隅に放置してあるXPの端末にWin10を入れようかとも検討したのだが、1万2万かけて古い端末にインストールして、果たして使う用途があるのか?
と問われると答えようが無いので、XPの端末に入れるのは止めることにした。

[Android] 軽快メモアプリ (Google Keep)

2015-0630-googlekeep

Google Keep はGoogle謹製のメモアプリであり、メモやリストが素早く作成できるのがウリのアプリです。

Google アカウントがあれば
https://keep.google.com/‎
へアクセスし、利用可能です。

ブラウザからだけの利用でなく、Android版アプリGoogleChrome版アプリがあります。
残念ながら iOS版が無いので iPadからではブラウザからのみというのがちょっとネックです。

一言で「メモアプリ」というと各端末にデフォルトでついているメモ帳から、よく例に挙がるEvernote まで様々なメモアプリがありますが、Google Keep に関しては「メモ帳」というよりはポストイット的な「付箋」のほうがイメージが付きやすいアプリ。

機能等々の説明は他のブログを参考にするとして
[ 【Android】軽快さが魅力のメモアプリ「Google Keep」の使い方とメリット・デメリット ]
[ Google Keep : 使わなきゃもったいない!Google謹製クラウドメモアプリを改めてご紹介!無料 | オクトバ ]

個人的におすすめな部分はボイスメモの機能。
多くのちょっとしたメモは単語数個で済んでしまうようなものが多いで、そのような内容であれば圧倒的にタイプするよりは音声で入力したほうが楽。
Google Keep のボイスメモは音声データのみだけなく、音声の内容もきちんとテキストへ変換してます。
単語単位での変換はもちろん、それなりに話した音声も結構キチンとテキストに変換してくれます。

変な変換ソフトだと音声を変換したテキストデータを修正するほうが大変な場合もあったりするのだけれど、Google Keepの場合、そんなことはあんまりない。さすがGoogle先生。