IT関連

IT関係全般

[PDF] 「Adobe Reader 9」日本語版公開

起動速度が2倍に高速化 「Adobe Reader 9」日本語版公開
(ITmedia Biz.ID)

起動速度がAdobe Reader 8に比べて約2倍に高速化したほか、Acrobat 9で作成したPDFポートフォリオファイルの閲覧、印刷、検索が可能。SWFファイルやFLVファイルの再生もネイティブサポートしている。また、ファイルをアップロードしてPDF化したり、共有してコメントをつけ合ったりできるオンラインサービス「Acrobat.com」(β版)に、「コラボレーション」メニューからアクセスできるようになった。

ちょこちょこと仕事関係でPDFを利用するので、起動が速くなるのはありがたいね。

[ATOK] 月額300円でWindows版ATOKが使えるサービス

ジャストシステム、月額300円でWindows版ATOKが使えるサービス
(PC WATCH)

株式会社ジャストシステムは、日本語入力システム「ATOK for Windows」を月額300円で使用できる「ATOK定額サービス」を9月2日に開始する。

 同社のサイトからダウンロードした「試用版」に、ライセンスキーを入力することで、製品版として使用できるサービス。月額課金とすることで、初期投資額を抑え、初めて使うATOKを使う層の取り込みを目的とする。

 使用契約期間中にATOK本体がバージョンアップした場合は、その旨の告知が表示され、無償でバージョンアップできる。また、新機能のプログラムや辞書/辞典の追加など、この定額サービス限定のコンテンツも提供される予定。

ATOK2008の最低額となるAAA優待版でも¥4,725-。 ほぼ毎年バージョンアップ毎に買っているので毎年かかる値段。
それに対し定額サービスは月300円。一年使っても¥3,600-。
さらに年間パックとして

なお、パッケージ版として、1年間の使用権をセットにした「ATOK for Windows スターターパック 1Year版」も用意される。価格はオープンプライスで、Just Myshopからのダウンロード版は3,200円。

さらに安くなる….。

これは既存のATOKユーザーも含め、利用するしかないでしょう。



ただ気になるのは、自分はATOKを3代のPCに入れて使っているので、利用台数による制限があるとチト厳しいかなぁ…と思ったのだけれど

ATOKシリーズは基本的に、特定個人が使用する場合にインストール台数の制限がなかったが、今回のサービスでは10台までに限定される。

まったく問題無いようですw

サービスが始まったら早速利用するよー。

[>>ATOK.com – 日本語入力システム「ATOK(エイトック)」や日本語に関する情報のサイト]

[google] Google技術文書日本語化

Google技術文書日本語化、開発者ホーム登場
(マイコミジャーナル)

Googleは10日、Google Codeの日本語版 (開発者ホーム)の運用を開始したことを発表した。現在、次の文書や映像が日本語化されている。

* OpenSocial
* YouTube Data API
* Google Gadgets API
* Google Themes API
* Google AJAX APIs
* Google AJAX Search API
* Google AJAX Feed API
* orkut デベロッパーホーム
* Google Chart API
* Google Code Talks ビデオ

メモメモ。