アニメーション

アニメに関するあれこれ

黒執事 #2

#2 その執事、最強

「あくまで執事」ですからのセバスチャンがチートっぷりを発揮。
走って車に追いつくは、
数十人いる包囲網を誰にも知られずに後ろに立つは、
銀の盆で銃弾を防ぐは、
投げるナイフやフォーク、そして皿は百発百中だは、
銃に撃たれても平気だったりするわで、こりゃ悪魔だな。とw

シエル:命令だ!ボクを助けろ!

と捕まったシエルだが、右目の眼帯が外れて開かれた目には魔法陣が。
そしてそれと同じ魔法陣がセバスチャンの左手にも。

これが契約の証なんだろうねぇ。



どうも雰囲気になじめないから次回から見るのはやめようかな…

夜桜四重奏 #2

#2 キミノナハ

秋名の力「チューニング」の説明と、それを通じて一人(?)の人間不信の妖怪の心を開く話。

暴走した妖怪を殺す力「チューニング」が使える秋名ではあるが、秋名自身がその力に葛藤を持っていて、鈴の一言で傷ついてしまう。
そんな葛藤を抱きつつも妖力の暴走した鈴をチューニングを使って助けたのは彼なりの一つの答えで、その答えがかたくなに人間を拒んでいた鈴の心を動かす事となる。

展開として地味ではあるが、話は丁寧に作られているので、意外と化けるかも?

あかね色に染まる坂 #2

#2 あかね色のアプローチ

親が決めた許嫁に、自分で確かめると準一達と暮らすことになった優姫。

いくらお嬢様とはいえスーパーに行ったことも無い、キッチンに入ったこともない、さらにはスイッチがあるとつい押してしまうような娘を一人で一般宅によこすなよ;;

兄の準一とは険悪な仲ではあるが、妹の湊とは友好な優姫。
兄妹の仲の良さから「本当の兄妹じゃないみたい」とポロっと優姫の出した一言に思うところがありそうな湊の反応。
…これはまたベタな義理の兄妹とかいう設定じゃないだろうなぁ…

ヒャッコ #2

#2 虎穴に入らずんば虎子を得ず

OPの絵のほとんどが一話のカットってのはどういうことだろう…。
毎回一つ前の回の絵を使うのか、このままなのか…うーん。

今回は部活をやってみようという虎子の思いつきでそれに付き合わされる面々。
龍姫は嫌だ嫌だと言いつつも、虎子に付き合うのは本来面倒見のいいキャラなんだろうけれど、そんなのはお構いなしの虎子。

何度も同じことを繰り返す天丼な展開はちょっと面白かったw
テンポは一話同様微妙ではあったが。

龍姫役の根谷美智子さんが浮いてるなぁ。もちろん巧い方にw

とらドラ #2

#2 竜児と大河

大河が北村に告白するも「いい友達になれるよ」で済まされてしまい、龍虎合い立つ状態まで。

なんか妙に展開が早いなと思って原作1巻を斜め読みしてみたのだが、2話で1巻を消化してるんだな。
3,4巻くらいまでは原作も単調なので大幅カットはそれなりの決断だとは思うのだが、その分、大河達の状況表現が足りないから、大河が北村に告白した場面も妙に薄っぺらいんだよねぇ。
他にも大河が竜児の家が居心地良いと思わせる経緯とか竜児が大河を見守ってやりたいと思う存在になるまでの経緯とかも、削りに削られてるから、「あれ?いつの間に?」と見てる方もクラスメイトと同じような状況なのよね…。

この駆け足展開が今後のラブコメとして本格展開するときのプロローグ的な扱いとするのか、ただ単に尺が足りないから削ったかによってアニメ版の評価が変わると思う。