読書

ラノベとかマンガとか、あれやこれや

[novel] 僕は友達が少ない (6) (booklog)

メディアファクトリー
発売日:2011-05-25

電子書籍版の再読

学園祭と小鳩の誕生祭。
各ヒロインの小鷹に対するアプローチが目立ってきているが、小鷹は鈍感というのが不自然なほど見ぬふり聞かぬふり。
なんとなくそれに気が付いてるのは理科だけなのかな。。

目立つのは夜空や星奈ではあるが、再読すると理科は応援したくなるキャラなのよね。

番外編は「こえでおしごと」のはがない版なのだが。。。小鷹が残念で残念でw

・文庫版
[ 僕は友達が少ない6 ドラマCD付き特装版 (MF文庫J)についてのけんのさんのレビュー – ブクログ ]

[novel] 僕は友達が少ない (5) (booklog)

メディアファクトリー
発売日:2010-11-20

電子書籍版の再読。

文庫版ではジェットコースターのシーンで二段組みにするなど視覚的な工夫があったのだけれど、電子書籍版では段組み等されてなかった。。
フォントサイズの違いくらいは再現されてる感じだが、レイアウト関連は難しいのかねー。

内容的には幸村の新事実が発覚したり、理科が女子アピールを始めたり、傾向が友達作りから恋愛関係にシフトし始めてる様子。

理科はね結構いいキャラなのよ。
確かに変態な言動はあるのだけれど、ほかのキャラが流されてることが多いなか、自分で考えて能動的に試行錯誤してる様子。….報われてないんだけれどねw

・文庫版
[ 僕は友達が少ない (5) (MF文庫J)についてのけんのさんのレビュー – ブクログ ]

[novel] 魔法戦士リウイ ファーラムの剣 煙火の島の魔法戦士 (booklog)

今まで影の薄かったティカがメインであるとともに、火竜クリシュとの再戦のお話。

ひっさびさにリウイを読んだが、やっぱりファーラムの剣シリーズは戦闘描写が薄目でストーリーを追ってるだけなのが惜しいなぁ。

リウイパーティだけでなく、今まで登場してた各地のキャラクタが登場したりして最終章への向かってる感じがひしひしと感じるね。

[novel] 僕は友達が少ない (4) (booklog)

メディアファクトリー
発売日:2010-07-21

電子書籍版の再読。

新学期がスタートということで学校での隣人部の活動も再開。やってることはこれまでと特に変化はないが。

前巻では控えめだった隣人部員の残念ぷりが、今回では大爆発。特に理科と星奈の。….これは…ひくわ…。

マリアの姉ケイトが新規登場したが、中身おっさん&重度なシスコンという例にもれず残念なキャラでした。

・文庫版
[ 僕は友達が少ない 4 (MF文庫J)についてのけんのさんのレビュー – ブクログ ]

[novel] マリア様がみてる (2) 黄薔薇革命 (booklog)

電子書籍版の再読

前巻ではイマイチ影の薄かった黄薔薇ファミリーのお話。

見た目男ぽいが内面は乙女な令と、見た目乙女で中身男ぽいう由乃のギャップがよくて、そんなギャップがあるゆえに二人いっしょがいちばんしっくりくる。

「由乃さんごっこ」ってのは集団心理への皮肉だよなぁ・・と思ったり。

紅、黄と来たので次は白。