作者別: 兼乃

[Google] Googleスプレッドシートの引数としてダブルクォーテーションを使う場合


スプレッドシートの関数で引数の文字列にダブルクォーテーション(“)を使いたい場合のメモ。

文字列括りはダブルクォーテーションのみ

他プログラム言語ではシングルクォーテーションも文字列のくくり文字として使えるケースがありますが、Googleスプレッドシートでは使えません。

またバックスラッシュや、二回続けて入力する等のエスケープ方法も使えません。

ダブルクォーテーションを出力する関数

直接ダブルクォーテーションが入力できないのであれば、ダブルクォーテーションを出力する関数を使えばOKです。

ユニコード表に従って、数値を文字に変換する CHAR() 関数が使えます。
ダブルクォーテーションを出力するには「 CHAR(34) 」です。

そのほかの引数の数字と出力される文字の対応は下記サイトで確認できます。
[ Using the CHAR Function in a Google Docs™ Online Spreadsheet – aubrett.com ]

文字列連結関数 Concatenate を使う

文字列の連結には「&」を使った連結もできますが、個人的には連結関数の Concatenate 関数を使うほうがわかりやすい。
ネックは Concatenate って関数名が長いくらいw

exp)セルA1に入っているHTMLデータの中から正規表現を使ってAタグので指定されているURLを取得する

=regexextract(A1,concatenate("<a href=",char(34),"(.*?)",char(34),".*?>"))



参考サイト
[ GoogleスプレッドシートのCONCATENATEでダブルクォーテーションを使う – dackdive’s blog ]

[misc] Youtubeをよく見るよ。最近。


全く更新していないサイトもあれだが、自動投稿のような記事が羅列するのもアレよね…ってことで、きちんと更新しようとは思うのだけれど、なかなか記事としてまとまらないのよね…。
Google Keep にはネタメモ的なものは随時溜まっていくけれど。
(こんな自分くらいしか見直さない場末のBlogで体裁を整えなくてもいいとは思うのだがね。)

可処分時間の使い方

そんなこんなで、自分の趣味に使える時間=可処分時間のほとんどはゲームに使われるわけだけれど、それ以外にも使っているものもあるわけですよ。
その中の一つが、Youtube。

自分のゲームプレイの配信媒体として使っていることもあるけれど、最近はもっぱら見るほう。
ゲームのプレイ動画を見ることもあれば、Youtuberと呼ばれる方々の配信を見ることもあるが、最近よく見るのが声優ラジオのアーカイブを見る(聞く)こと。
Youtubeで公式配信してる番組がほぼないので、第三者がアップロードした極めてブラックに近いグレーなコンテンツではあるのだけれど;;
なかなかその番組の配信時間に聞けないので、グレーゾーンとは思いつつもついついYutubeの動画を見てしまいます。

声優ラジオ

何年か前…多分あれはまだRF Onlineとかやってた頃だよな。うたわれらじおを筆頭に音泉の番組をここぞと聞いてた時期もあったので、それがまた再燃しつつある感じです。
数年前に終わってしまった番組ではあるが、ちょろいとかすげぇ面白くて、リアルタイムで見たかったなぁ。と思うこともしばしば。

声優さんのラジオとはちょっと言えないのだけれど、ほぼ同じ括りとして、よく見る番組が鷲崎さんのヨルナイトxヨルナイト。
他の番組ではない、担当アシスタントやゲストさんが好きな曲を鷲崎さんのギターで歌うコーナーがあること。

カバー曲

個人的にはカバー曲は歓迎。
原曲を知っていれば、カバーアーティストによる味つけも楽しめるし、知らない曲であれば、新しい音楽を知るきっかけにもなったりね。



…なんか当初のYoutube云々から大分離れたな。