Author: 兼乃

[Google] GoogleのスマートフォンPixel発表

pixel-xl-family-us-only-1
[ 速報:Googleが新型スマートフォンPixel発表、Googleアシスタントとスマホ史上最高画質カメラ搭載 – Engadget Japanese ]

日本発売は未定というものの、日本語のPixelのページは公開していて、あとは販売開始が発表されるだけ。といった感じです。
まぁ、Chromebookの時も日本展開より前に日本語のページができてたと思うので、日本での展開はナシってことはないかと思います。

2016-1006-google-pixcel
[ Pixel – 初めての Google 純正スマートフォン – Google ストア ]

日本語のページを見ていて気になったのはカラー展開がシルバーとブラックのみなところ。
発表会ではブルーもあったのだが…日本ではないのかも。

今使ってるHTL23があと3か月くらいで2年経つので、日本で出るなら買い換えたいなーとは思うのだが、日本展開はしばらくなさそうな感じよね。

[海外ドラマ] WHITE COLLAR -ホワイトカラー-

1-1

収監中の天才詐欺師ニール・キャフリーは恋人のため脱獄を果たすが、間もなく知能犯専門チームのFBI捜査官ピーター・バークに捕まる。4年の刑期延長に対し、ニールはピーターに捜査に協力する代わりに自由にして欲しいと取引を持ちかける。ピーターは取引を承諾し、ニールは知的犯罪捜査のコンサルタントになる代わり制限付きの自由を与えられる。
ニールはピーターと協力し、自身の経歴を生かした助言や、時に培ったテクニックを駆使してニューヨークに蔓延する知的犯罪を解決していく一方で、彼自身の問題を解決していく。

ホワイトカラー (テレビドラマ) – Wikipedia

Amazonプライムビデオでボーンズを見ていたがシーズン9まで見てしまったので、シーズン10から有料で見ようかどうか悩んでたが、とりあえず他のドラマも見てみようと、リコメンドでも出てたホワイトカラーの視聴を開始。

序盤はニールを信用しきれないピーターにやきもきしつつも、5、6話あたりから徐々に面白くなってきた。
脇役のモジーがいいキャラで、ニールの要望にきちんとあれこれ言いつつもあれこれ手を回したりと、何気に技術的な才能はモジーのほうが天才なんじゃないかと思うくらい。

とりあえずシーズン1を見終わりました。
ボーンズの時もそうだったけれど、シーズンの最後はすげぇ引きで終わるのな。

[STEAM] 怒首領蜂大復活 配信決定

2016-0930-dodonpachi

「虫姫さま」「デススマイルズ」に続き、CaveのSteam参入第三弾として「怒首領蜂 大復活」が10月14日に決定。

Steam版「怒首領蜂大復活」の発売日が10月14日に決定。特別版の「ノーマル 1.51」や烈怒システム搭載の「ブラックレーベル」なども収録 – 4Gamer.net

収録されるゲームモード

ノーマル 1.5
 アーケード版をブラッシュアップしたゲームモード。

ノーマル 1.51
 “恐怖!ケケケのケイブ屋敷 こないと………呪ワレちゃうゾっ♥”用に作られた高難度版。

アレンジ B (Ver B)
 プレイの爽快感を重視したゲームモード。

アレンジ A (ver L)
 「怒首領蜂大往生」の機体とシステムを採用したゲームモード。

ノービス
 シューティングゲームの初心者でもノーミスクリアを目指せる低難度版。

ブラックレーベル
 2010年にリリースされたアーケード向けタイトル「怒首領蜂大復活 ブラックレーベル」の移植版。新たに烈怒(レッド)システムを搭載。

ブラックレーベル・ノービス
 「怒首領蜂大復活 ブラックレーベル」の低難度版。

ブラックレーベル・アレンジ
 「怒首領蜂大復活 ブラックレーベル」に「ケツイ~絆地獄たち~」の機体とシステムを採用したゲームモード。

[ DoDonPachi Resurrection | caveshmups.com ]

いろいろなバージョンが収録されているが、首領蜂シリーズは大往生までしかプレイしてないので、正直どれがどう違うのやらさっぱりわからんですw

DLCとしてサントラも同日にリリースされる模様。

大復活のサントラって単独で売ってたっけ….。 売ってた。Amazonでプレミア価格になっているけれど。
この機にサントラも買っておくかー。

[PS4] アケアカ NeoGeo 開始

20160928-arcadearchives-08
「アーケードアーカイブス」にNEOGEOタイトルの配信が決定! | PlayStation®.Blog

ハムスターがPS4で展開している「アーケードアーカイブス」の別枠としてNEO GEOタイトルを配信する「アケアカNEOGEO」を開始する模様。

2016年配信開始予定のタイトルは以下の通りです。
配信開始予定日 タイトル名 販売価格(税込)
2016年 ザ・キング・オブ・ファイターズ ’94 823円
2016年 メタルスラッグ 823円
2016年 サムライスピリッツ 823円
2016年 ASO II ~ラストガーディアン~ 823円
2016年 餓狼伝説 ~宿命の闘い~ 823円

PS3/PSP の頃にも SNK/プレイモアよりNEO GEOタイトルの配信を行うサービス「NEO GEO Station」を行っていたのですが、1年ちょっとの運営で10数タイトルの配信のみで終了してしまったので、こちらは続いて欲しいね。

NEO GEO といえばKOFとか餓狼伝説とかサムスピとかの対戦格闘が主ではあるが、パルスターとかブレジングスターとかのシューティングゲームもあるので出て欲しいねー。

[STEAM] プリンセスメーカー2 リファイン 配信決定

ss_657fca7123cff2bfa09f1d6795597990aed88c27
Steam版「プリンセスメーカー2 リファイン」の配信は明日スタート。発売後2週間は20%オフで買える – 4Gamer.net

Steam版のプリンセスメーカー2 がリファインとして配信されるのは先日のニュースで知ったが、早くも 9月29日 より配信が開始する模様。

公開されているスクリーンショットやトレイラーは英語表記だが、日本語表記にも対応。日本語版は吹き替えにも対応ということで、CVは西村ちなみさんとのこと。
よくよく調べたら 2004年にWin98/XP版で出たプリンセスメーカー2 リファイン を他言語化してそのままSteamに持ってきただけって感じかなー。

プリンセスメーカーは1をMSX版でサルのようにプレイしてたが、2はあんまりやらなかったなー。
SS版をやってたくらいかな?

3以降のプリメはアレゲだが、1、2は名作なのでプレイして損はないと思う。